ひとりアカペラだってできちゃうぞ! iPhoneやiPadで音声録音ができるマイク「iRig Mic」

110522irigmic01.jpg

iPhone、iPadにギターを接続できる「iRig」を発売するIK Multimediaから、今度は音声録音用マイクが登場しました。その名も「iRig Mic」です。メーカー様よりお借りすることができましたので、さっそく試してみましたよ。

110522irigmic02.jpg

本体にはスイッチがあります。これは入力レベルのスイッチ。3段階でレベル切り替えができますので、人間の声だけでなくギターや管楽器などの録音にも使うことができます。

110522irigmic03.jpg

ジャック部分です。ヘッドホン用の端子があるので、自分の声を聞きながら録音することができます。

対応するアプリはいくつかありますが、今回はボーカル録音に適した「VocaLive Free」について解説します。このアプリは、ボーカリストや作曲家向けの機能が搭載されています。

110522irigmic04.jpg

無料版の状態では、1トラックしか録音できませんが、アプリ内課金で4トラック録音機能を購入できます。4トラック使えるので一人で多重録音をしたいという、山下達郎のような方はぜひ購入しておきましょう。この画面は音量調節です。

110522irigmic05.jpg

左にフリックすると、パン調整画面になります。左右にそれぞれ4段階のパンができます。

110522irigmic06.jpg

もう一度左にフリックすると、エフェクト適用画面になります。録音時にエフェクトをかけられるのは1トラックのみ。エフェクトをかけたい場合は録音後に行います。

110522irigmic07.jpg

エフェクターの画面です。無料版ではリバーブのみ使えます。また、ユーザー登録することでDoubleというエフェクターも使えるようになります。

110522irigmic08.jpg

これがDoubuleです。ピッチシフターというかオクターバーみたいな感じですね。

110522irigmic09.jpg

エフェクターもアプリ内課金を使って購入できます。ディレイコーラスフェイザーなどがあります。価格は350円〜600円です。

110522irigmic10.jpg

設定画面です。入力や出力レベルの調整、ノイズフィルター、iPhone、iPadの内蔵マイクのオン/オフ、レイテンシーの設定などが行える。レイテンシーはそれほど気になりませんでした。

110522irigmic11.jpg

「TOOLS」には、ボーカルレッスン用のスケール再生メトロノーム、デモ音声の再生などがあります。自分でボーカル特訓をすることも可能です。

実際に歌を歌ったりして録音してみましたが、音質はいいですよ。マイクのレベルが3段階から選べますが、ボーカルの場合は真ん中がいいんじゃないですかね。リバーブのかかり具合もいいです。Doubleはちょっと使い方が難しい気がします。通常はリバーブだけでも十分じゃないでしょうか。

録音した音声は1つのファイルにして共有したりメールで送信したり、ソングとして保存しておくことができます。また、ギター用マルチエフェクターアプリ「Amplitube」でも使用することができます。

このiRig Mic。実勢価格は7980円。iPhone、iPadで音楽制作をしている人は必携のマイクかもしれませんね。

追記:

豪GizではiRig MicとiPhone4のマイクの比較動画がアップされてます。

iRig Mic[IK Multimedia]

(三浦一紀)