「此処より下に家を建てるな」―古の大津波記念碑が守った村

 「此処より下に家を建てるな」―古の大津波記念碑が守った村 1

三陸沿岸を明治29年、昭和8年に襲った大津波の後に先人が建てた大津波記念碑が守った村の話がNYタイムズで紹介されていましたね。

NHKの2006年の特集「失敗は伝わらない」にも「畑村洋太郎・工学院大学教授が語った通りになってるじゃないか!」と再び注目が集まっています。

NYタイムズが掲載した写真(上)は、昭和8年(1933年)の昭和三陸大津波の後、岩手県宮古市姉吉地区の海抜60mの地点に建てられた碑。ここは幸い村人が教えを護ってもっと海抜が上の方で暮らしていたため、石碑のわずか300フィート(91m)下で津波が止まり、近くの村を運転中に波にのまれ死亡した母・子3人を除き、11世帯とも全戸災害を免れました。

以下の映像は今の姉吉地区の碑の様子です。

4:00から海まで下っていきますよ。

 

こういう大津波記念碑は日本の沿岸一帯に建っており、古いものでは600年前の警告も刻まれているんだそうな。

NHK特集のコメントもいろいろ考えさせられます。Wiiaretheworldさんがこんな風に書いてました。

こんなのがありますが、どうします?

大阪市浪速区幸町3丁目9番「安政大津波」の碑 嘉永7年(1854年)11月の大地震による大津波の被害は甚大­でした。その模様を記録し後世に対する戒めを伝えるのが、大正橋­東詰(北側)にある安政2年(1855年)7月建立の安政大津波­碑です。そこには大地震が起きた場合には、必ず津波が襲うものと­心得るべきだと教訓が書かれています。



ソースは大阪市のサイトみたいですね。今の大阪市浪速区幸町3丁目9番はこんな感じ。いやあ...どうしましょうか...ひたすら大地震が来ないことを祈るばかりです...。

satomi(米版