タッチスクリーンの舞台裏! これが生みの親の機械だ!

タッチスクリーンの舞台裏! これが生みの親の機械だ! 1

ほほーぅ。

タッチスクリーンと言えば、現在我々の生活にかなり入り込んで来ているもの。夢見た未来に近いもの。不可能を可能にした魔法のスクリーン。Appleは今年世界中で生産されたタッチスクリーンのうち60%を購入したと言われています。昨今大人気のタッチスクリーン、魔法のスクリーンを生み出してるのはどんなマシンなのでしょう?

マシンの名前はAKT Aristo Twin PVD。需要がますます高まるタッチスクリーンをよりスピーディに生産するためのマシン。従来と同じ大きさのマシンで、今までの2倍の量を生産することが可能。さらに1つのシステムで異なる2通りのパネルの生産もできるという優れもの。より速くより多く生産できるということは、製品のコストが下がるということ。多くのガジェットに搭載されているタッチスクリーン、AKT Aristo Twin PVDのパフォーマンスのおかげでさらに身近なものになるかもしれませんね!

[Applied Materials]

そうこ(Max Behrman 米版