店員さんがいないのにスーパーが開店! そのとき来店客は...

店員さんがいないのにスーパーが開店! そのとき来店客は... 1

スーパーに入ったら店員さんがいない...ってことがあったら、どうします? 

非常にモラルが試される場面だと思いますが、ニュージーランドのスーパー、PAK'n SAVEで、そんなことが起きてしまいました。コンピューターのバグで、無人なのに、ドアがなぜか開いてしまったんです。

でも、大略奪などは起こらず、普段通りお金を払って行く人までいたんです。大体20人余りの人が入って来て、店内を回り、商品をかごに入れていきました。そして、セルフレジでお金を払って行ったんです。その人たちは、店員さんがいないことに全く気付きもしなかったようです。セルフレジって日本ではそれほど普及していませんが、ニュージーランドでは一般的みたいですね。

とはいえ、やっぱりお金を払わずに商品を袋に詰めて出て行ってしまう人もいました。スーパーのオーナーいわく、

みんな、無料だと思って来たわけじゃないんです。いつも通り商品をかごに入れ、レジに並んだところで、半分の人はお金を払い、半分の人は「ラッキー」とばかり出て行ったんです。

実際、ビデオテープをよく見てみると、お酒類を買おうとして店員さんの承認が必要になった人が仕方なく出て行った、ようにも見えます。で、かごに入っていたお酒以外の商品もそのまま持ち帰ってしまったと。

スーパーにはそれから約1時間後、警察がやってきましたが、そのときには人がごった返していました。警察が来るのがもっと遅ければ、もしかしたら大きな事件になっていたかもしれません。

オーナーはお金を払わずに商品を持って行ってしまった人に対し、代金を支払ってほしいと呼び掛けています。支払われた代金は、今年2月に起きたクライストチャーチでの地震のための基金に寄付されるそうです。

[TVNZStuff.co.nz via Neatorama]

Casey Chan(原文/miho)