え? 目を疑う「鶏」の自動販売機。でも実は...(動画)

突如都会のど真ん中に現れた鶏の自販機、目を疑う街の人々。

なんて残酷なんだろう...、いや、これは卵の自販機のようだ。

それにしたってひどいじゃないか、こんなところに鶏を閉じ込めて見世物にするなんて。

鶏がかわいそうじゃないか! 

...実はこれ、ドイツの「NOAH」という動物の倫理的扱いを求める団体によるデモンストレーションなのです。

  

16羽のニワトリは公平な命の権利を主張しています。

ニワトリの68%は鶏農場で「卵製造マシーン」のように扱われています。だから倫理的な鶏農場の卵を買いましょう。

そんなメッセージが動画に込められています。

つまり、ゲージに監禁し、まるで「卵製造マシーン」のように鶏を扱っている農場のシステムを変えさせよう、放し飼いで育てられた鶏の卵を買おう!

ということを訴えています。

確かに自販機に閉じ込められた鶏の叫びが伝わってくるようです。

そして、数時間後に鶏たちは自分たちの(もちろん放し飼いの)農場に帰って活き活きと過ごしていますとさ、めでたしめでたし。

[NOAH]

mayumine(米版