家にいながら地球を救う6つの方法

家にいながら地球を救う6つの方法 1

セサミストリートの緑の蛙カーミットが「グリーンでいることは簡単なことではないよ」って歌ってるように、グリーンな人でいる事は、ちょっとのガマンとか努力が必要ですよね? とはいえ、結構みんな出来ることから、グリーンな生活をちょこっとづつ始めてますよね。 お買いものにエコバック使ったり、LEDライトに変更したり、公共輸送手段だって可能なかぎり自転車やウォーキングに切り替えたりとか。でも、待ってください。 もっと出来ることがあるんです。 しかも簡単に。

ということで、私たちの地球を守るために出来る6つの方法をお教えしましょう。ついでにお財布への負担も軽減されちゃうかも!?1.トイレの水タンクの容量を少なくしよう

毎日使用するトイレで節水するのは最も簡単な方法の1つです。 といっても、トイレに行く回数を減らすためにガマンするわけじゃありません。 だって膀胱炎になっちゃったら困りますから...。 どうやって節水するかというと? ブロック、一つかみのビー玉、防水加工になっている家で無用の長物になっている物、水を入れたペットボトルなどを、トイレの貯水槽に入れてください。 そうすれば、少ない量のお水で、タンクをいっぱいにしてくれるから、少ないお水でトイレを流すことができるんです。 エコなうえに水道代も安くなるので一挙両得です。

2.シャワーヘッドを交換しよう

家にいながら地球を救う6つの方法 2

シャワーは勢いよく出るほうがいいよねって思うかもですけど、一般的に使われているシャワーヘッドは、1分あたり9.5リットルの水が放出されているんです。 ということは毎日10分シャワーを浴びると、1年で34541.8リットルの水をシャワーで使っている事になります。 これをシャワーヘッドを交換するだけで、60%ほどセーブできるとしたらイイですよね? 例えば、Alsonsのシャワーヘッドなら、1分あたりに使用する水の量は5.7リットルで、水圧もチョロチョロじゃなくシャーっと気持よく出るから問題ないですよね? 節水シャワーヘッド、いろいろ調べて家にピッタリなのを選んでみてはいかがでしょ?

3.クッキングで二酸化炭素排出を減らそう

次は、二酸化炭素排出量です。 これはクッキングしてる時もそうだけど、材料の調達にも、二酸化炭素排出量が関係してるんですよね。 地元の食材を買う事で輸送にかかる二酸化炭素排出量が少なくなります。 また、季節の食材を積極的に食べる事で貢献できるんです。 これを実践するのに一番良い方法は、地元の農家の市場、近くの道の駅などで食材を調達すること。 二酸化炭素の排出量を減らしつつ、直接生産者から買えるし、仲介業者のマージンもないから安く買えるので、良いことづくしです!

4.省エネアウトレット

家にいながら地球を救う6つの方法 3

これは、既にご存知だと思いますけど、あなたの家の電化製品をコンセントにプラグを差し込んでるだけで電気はどんどん吸い出されています。 まぁ、分かっちゃいるけど罪悪感を持ちつつこまめにプラグを抜かず、そのままにしている人もいるはず。 ならば、このThinkEcoのModletを使用してみてはいかがでしょう? Modletは、プラグを差し込んでいても、そのガジェットを使用していない時には自動的にオフにしてくれるんです。 節電スイッチ付きのタコ足配線コンセントより簡単ですよね。 スイッチ押さなくても勝手にやってくれるので。 更に、Modletをいったんセットアップすれば、Webでどのぐらいエネルギー消費しているか? をモニターする事もできるんです。

5.エネルギーを監査する

テレビでも、取り上げられたりしてますけど、業者が実際にあなたの家に来て、どのぐらいの電気を消費しているか? をチェックしてくれたりします。 そして節電器を設置することで、消費電力をチェックしながら電気代をセーブすることができるんです。 楽しく節電できるように、ゲーム感覚で記録できるようなものもあるので、長く続けられそうなのをみつけてみて、始めてみてはいかがでしょう? 

6.Auto-Macを使おう

家にいながら地球を救う6つの方法 4

あなたがMacユーザーなら、PCを使わない時にはスリープモードにするんじゃなくて、Auto-Macを使おう。  予め、時間設定をしておくと、その時間になれば自動的にシステムが起動し、時間がくると自動的にシャットダウンしてくれるんです。 あなたの愛するPCをお休みさせつつ、消費電力も少なくすることができますよ。

以上、家から地球を救う6つの方法でした。 既に実施しているものもあるかもですが、エコライフを生活に取り入れるヒントになってれば幸いです。

-Annie Hauser(原文/junjun )