数学的に見るとあなたのタトゥーは20年後にはボロボロに

数学的に見るとあなたのタトゥーは20年後にはボロボロに 1

数字はなんでもお見通しです。

タトゥーいれてる方いらっしゃいます? 大きさは?デザインは?いれてる場所は? かく言うあたしも、タトゥーいれているのですけれども。もちろん一生ものとして納得いっていれております。が、数学的に見ると本人の一生ものの覚悟はどこへやら、20年もたてばボロボロになってしまうという計算なのだそうです。

University College LondonのIan Eamesさんが、タトゥーが年月とともにどれほど劣化していくかという数学的モデルを発表しました。肌に刻まれた墨は、キャンバスである肌の劣化とともに衰えていくのです。Eamesさんのモデルによると、線が太いものは劣化がわかりにくく、デザインの細かいものほど劣化しやすいということ。タトゥーをいれた時は美しくても15年もたてば詳細なデザインは失われてしまうだろうということです。

あらためて言われなくてもなんとなくわかってましたし、年をとって太ったり痩せたりしたらそりゃボロボロになるよねとは思ってましたけど...。なんなのでしょう、この「数学的に見ると」という言葉の説得力は! 理系の言うことにいちいちびびってしまう文系の習性でしょうかね。

[New Scientist via Mathematics Today]

Anna Karwowska/Shutterstock

そうこ(Sam Biddle 米版