アメリカは大丈夫なのか? 今度はケンタッキーでペプシ1.9リットルを200円台の販売キャンペーン!

アメリカは大丈夫なのか? 今度はケンタッキーでペプシ1.9リットルを200円台の販売キャンペーン! 1

ヘルシー路線とは逆方向へまっしぐら!

なんだか現在のアメリカはカロリーいっぱいのビッグサイズがトレンドだったりもするのかもしれません。トリプル仕様にパワーアップしたオレオクッキー「Triple Decker Oreo」が出たかと思えば、あの衝撃の超コテコテな「Double Down」サンドメニューを発売したKFC(ケンタッキーフライドチキン)から、これまた驚きの半ガロン(約1.9リットル)の超メガジャグサイズのドリンクメニューが、わずか2.99ドルという日本円にして200円台の破格値でオーダーできちゃうキャンペーンが開始されましたよ。

どうやらJuvenile Diabetes Research Foundation(JDRF)なる団体が協賛している、米国内でも限られた一部の店舗のみでのスペシャルプロモーションとのことでして、この超特大サイズのドリンクがオーダーされるごとに1ドルをJDRFに寄付するプランのようです。JDRFでは、1型糖尿病(若年性糖尿病)と闘う人たちを支援する活動が続けられており、肥満やジャンクフード、糖分の過剰摂取から1型糖尿病に苦しんでいるとの偏見を打ち破るため、この大胆なるキャンペーンの展開に踏み切ったと説明されていますよ...

まぁ、その主張の意図は分かるにしても、それにしても半ガロンのメガジャグサイズのコーラを飲んじゃったりしたら、一気にスプーン56杯分の砂糖で800カロリーも摂取しちゃうことになっちゃうそうなんですけどね。これは他の病気につながる不健康な食習慣でしかないとのもっともな指摘まで出てきてますが、正気なのかな~

SelfishGiving via Grist

Kat Hannaford(米版/湯木進悟)