エリア51がひた隠しにしていた、あるもの

エリア51がひた隠しにしていた、あるもの 1

ロシアのこと言えないよね...。

冷戦時代のArea 51関連の機密文書が時効となる中、ナショナルジオグラフィックが発見したのが、ダンボールの偵察機の情報です。

ご存じのように、Area 51はステルス偵察機(写真)を開発する「OXCART」プロジェクトの拠点でした。ロシアもそれは知っていて、基地上空に偵察衛星飛ばして米側の様子を伺ってたんですね。

ふっははははー、そんなことはお見通しよ...

米軍はロシアのスパイ衛星が上空を通る時間を密かに調べ、その時間になると偵察機を屋根のある小屋にえっちらほいちら隠していたんです。

 へ~と思っちゃいますが、さらに面白いのが、赤外観測衛星でロシア側が入手したOXCARTプロジェクト開発機の図。普段は灼熱の砂漠に停めているので、あたふた小屋に移しても影が落ちたところだけ冷たいまま残って、輪郭だけ拾われてしまってたんです! 

それを知った米軍は、さらにクリエイティブな錯乱工作を思いつきます。

赤外探査衛星を妨害するため、Area 51のメンバーたちはボール紙をくり抜いて、その辺のあり合わせのもので架空の偽飛行機をこしらえて、偽の影を残し、ソビエトを陽動した(見られると困るので、デコイ(おとり)は衛星が上空を通過する前にダーッと隠した)。

ある時はスタッフが架空のエンジン部の近くでヒーターを焚き、さも着陸直後という風情を出すなんてことまでやっていた。

砂漠と宇宙でねずみと猫。今となっては笑い話だけど、冷戦当時はどっちも必死だったんだろうなあ...。

[National Geographic - 日本語版]

Casey Chan(原文/satomi)