アクロバット過ぎたアクロバット飛行で引責辞任、米海軍Blue Angelsの隊長(動画)

たしかにぎりぎりですが...。

米海軍のアクロバット飛行部隊Blue Angelsのデーブ・コス隊長が辞任しました。彼の4人チームがバレルロール飛行を行った際に、地面に近づきすぎたというのが理由です。

上の動画はバージニア州リンチバーグで行われたエアショーの模様で、前半は本来意図されていた内容、後半が問題のアクロバティックすぎる部分です。1分50秒前後では、ショーを行っている4機のうち2機が地上数メートルかと思われるくらいまで地面に接近しています。

以下、コス隊長のコメントです。

深い遺憾の意をもって...この素晴らしいデモンストレーション・チームを去ります。私は、許容範囲を超えて低高度のアクロバット飛行を行ってしまいました。今回の飛行と、さらに他にもBlue Angelsを特別たらしめている空挺部隊の基準から外れた事象があったため、辞任する決断をしました。

米国ではこの件がやや物議をかもしていて、「そこまで低くないんじゃ?」とか、「けが人が出たわけでもないのに?」と言った意見も見られます。でも、アクロバット飛行部隊は米軍の代表、つまりエリートの中のエリートなので、少しの失敗も許されないということのようです。厳しい!

[Christian Science Monitor]

Jack Loftus(原文/miho)