どうやったら盗み出せるのか...いきなり消えたF-15&F-16戦闘機のターボファンエンジンに深まる謎

どうやったら盗み出せるのか...いきなり消えたF-15&F-16戦闘機のターボファンエンジンに深まる謎 1

忽然と消えちゃったようにも見えますが...

そんな訳はありませんよね。イスラエルはテルノフにある空軍基地から、なんとF-15およびF-16戦闘機に搭載されていた「Pratt & Whitney F100」ターボファンエンジンが、あろうことか8基もなくなっていたことが明るみとなり、騒然としているようですよ。だれがどこに持ち去っていったのか、まったく見当もつかないんだとか。

そもそもPratt & Whitney F100は、1基が数トンの重さになるバカデカいエンジンですから、ちょっとやそっとのことで盗み出せるものではありません。過去にはATMごとド派手に破壊して持ち去る事件が多発したりもしましたけど、基地内から消え失せていたことすらしばらくの間だれも気づかなかったという状況からしても、これはどう見ても内部関係者も絡む犯行なんでしょうね。

なお、イスラエル軍は、今回の盗難事件について詳細を明かせないとはしつつも、実際に消えたPratt & Whitney F100は、いずれもすでに戦闘機からは取り外されて使えなくなったエンジンであり、軍事機密の漏洩はなかったと釈明。スクラップにして金にする目的で盗まれたと考えられるそうなんですけど、ただ、やはり深刻な軍組織の腐敗を示す事件だとして徹底解明に向けた捜査が進んでいるみたいですよ。

AFP via DefenseTech

Sam Biddle(米版/湯木進悟)