やばい、鳥肌きた! 5/31発売ニューアルバム「Songs Around The World Part 2」(動画)

2011.06.02 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ローリングストーンズのハードコアなファンなので、誰もキース、ミック、チャーリー、ビルに勝てるわけないよなって思ってたんだけど、考え改めました!

あの4人とは違うけど、このバージョン、ものすごくオリジナルの曲にマッチしてます。総毛立ち。

このストーンズの名曲「Gimme Shelter」のカバーを製作したのは、2009年に各地のストリートミュージシャンによる「Stand By Me」のカバー(下)で世界中から感動の涙を誘った「プレイング・フォー・チェンジ(Playing for Change)」のみなさん!

 

スタンド・バイ・ミーもそうだったけど、「Gimme Shelter」も世界中の無名のアーティストが仮想空間のストリートスタジオでコラボしてできた作品です。

最初はベースのドラムを録音し、リズムを固定します。これはハリウッドのグレッグ・エリス(Greg Ellis)さんが叩きました。あとは、このドラムの録音を世界中に配って、各地のアーティストがそれに合わせて自分のパートを演奏します。

イタリアのロベルト・ルティ(Roberto Luti)さんはスチールギター。米ニューオリンズのウォッシュボード・チャズ(Washboard Chaz)さんは補足のパーカッション。ミック・ジャガーのパートを熱唱するのはジャマイカのキングストンのロゼリン・ウィリアムズ(Roselyn Williams)さん(補:サブリミナル過ぎてわかんなかったけど、なんと日本のCharもシレッと混じってますね、コメント多謝!)。だんだんと、だんだんと、よくなっていきます。

最後に全パートを中央のスタジオでリミックスして仕上がったのが、このみなさんが今お聴きのカバーというわけね。

というか自分が今聴いてるカバーか...繰り返し聴いて無限ループなので...何度聴いてもまた最初から聴きたくなってしまう...。

「Gimme Shelter」はプレイング・フォー・チェンジのオリジナルアルバム第2弾Songs Around The World Part 2(5月31日発売だよ!)に収録されています。上妻宏光さんが参加してる曲もあるので無名じゃないアーティストもちょこちょこ混じってそうですよね、超おすすめ! 音楽で世界平和を目指すプレイイング・フォー・チェンジ日本語紹介ページ)の活動趣旨に賛同する方はぜひ応援してあげてね。

I tell you love, sister, is just a kiss away. - Rolling Stones, Gimme Shelter


[Playing For Change]

Jesus Diaz(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B002TEYRV8


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア