キヤノンの「imageFORMULA DR-C125」でエクストリームなスキャンをやってみた!(動画あり)

Sponsored

キヤノンの「imageFORMULA DR-C125」でエクストリームなスキャンをやってみた!(動画あり) 1

書類などをデジタル化する際に便利なドキュメントスキャナ。結構いろいろなタイプが出ていますが、卓上に設置して使うタイプが、ビジネスの現場では主流でしょう。

最近では、USBバスパワーで動くタイプも人気がありますが、スキャン速度や連続スキャンなどの面から見ると、やはり据え置き型がいいですよね。

ただ、問題は設置スペース。スキャナを置くための場所はもちろん、給紙や排紙のためのスペースも必要になるので、意外とスペースが必要になるんです。

そこでキヤノンの「imageFORMULA DR-C125」です。この製品、小型のドキュメントスキャナです。これだけなら似たような製品はありますが、給紙と排紙を垂直方向にすることで、設置スペースを大幅に少なくできます。もちろん、厚みのある紙や名刺、カードなどは水平方向に排紙できるので、曲がる心配はありません。

また、複数のドキュメントをスキャンする際によく起こる、重送(紙が重なって送られてしまう現象)を抑止するための「リタード方式」を採用しております。キヤノンの人曰く「ダブらんスキャン」と呼ぶらしいですよ。

しかも、スキャンのための操作は本体のスキャンボタンをワンタッチでOKという手軽さです。どれくらい簡単にスキャンできるのか、動画でご覧ください。 

どこでも、どんなシーンでも快適にスキャンできることがおわかりいただけたでしょう。オフィスで、バーで、場所を選ばず、電源とPCさえあればどこでもスキャンしちゃえるんです。ほんとに書類をセットして一発OK。

それになにより、imageFORMULA DR-C125に搭載されているリタード方式による重送阻止はかなり便利! 動画撮影のために色々書類をスキャンしましたが、紙が重なって送られることが全くなかったため、とても実用的でした。

キヤノンの「imageFORMULA DR-C125」でエクストリームなスキャンをやってみた!(動画あり) 2

付属ソフト「CaptureOnTouch」は、スキャンの設定を行うためのもの。ここから簡単にスキャナの操作を行うことができます。シンプルなソフトですが、非常に使いやすくなっています。

斜行補正や白紙スキップ、半折スキャンといった機能もあるので、ある程度はこのソフトだけでスキャンから画像補正まで行えます。

また、「imageFORMULA DR-C125」を使ってみると分かるんですが、原稿がどんな角度でスキャンされても、正確にまっすぐデータを吐き出してくれます。これは「CaptureOnTouch」が優れているからでもあるんだろうなぁ。

そのほか、定番名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリングエントリー3」、スキャンしたデータを管理するためのファイリングソフト「ファイル管理革命Lite」、PDFファイル生成・編集ソフト「eCopy PDF Pro Office」が付属します。

キヤノンの「imageFORMULA DR-C125」でエクストリームなスキャンをやってみた!(動画あり) 3

eCopy PDF Pro Officeは、スキャンした画像をPDFに変換したり、下線やハイライトなどを付加する編集機能を搭載。また、WordやExcelファイルへの変換も行えます。かなりスキャンした書類の活用範囲が広がりますね。

110609ipad_mula.JPG

スキャンした書類はDropboxSugarSyncといったクラウドサービスにアップロードしておけば、iPad2などを使って外出先で手軽に閲覧可能。もう、大量の紙の書類を持ち運ぶ必要もなくなります。この使い方は、今やビジネスマンの世界ではスタンダードですよね。ね?

というわけで、かなり使えるキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-C125」。自分専用スキャナにも、オフィスで共有するスキャナとしても活躍することまちがいなしですよ!

キヤノン:ドキュメントスキャナー DR-C125

(三浦一紀)