不眠症の克服、快眠には「前頭部を冷やす」が効果あり

2011.06.15 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20110614_insomnia.jpg


眠れない...。
羊の数を数えてみても、睡眠剤を飲んでみても、天井を見つめてみても、はあ、眠れない、困った...、という方に朗報です! 

頭の前部を冷やすことが不眠症の改善に効く、との研究結果が2011年の米国睡眠医学会で発表されました。

ピッツバーグ大学医学部のエリック・ノフギンガー氏は、前頭部を冷やすプラスチック製の帽子を着用することで、寝つきが良くなりよく眠れるようになるという結果を実証しました。

12人の不眠症患者と、12人の健康な人の24パターンで実験をし、冷却帽子を着用した不眠症患者のグループの入眠時間は、頭が最も冷やされた時が平均13分、健康な人とほぼ同等のレベルまで改善されました。

前頭部を冷やすことによって脳の代謝を減速させる効果がある(不眠症の人は代謝が高くなる)のだそうです。

今回の実験では特製の冷却帽子を着用した結果とのことですが、普通におでこを冷やしながら寝たりすれば、よく眠れるようになるということでしょうか。

どちらにせよこれからの夏、暑い部屋で眠る時には、頭を冷やして寝るのが気持よさそうだし、さっそく今晩やってみようと思います。


[LA Times; Valeriy Lebedev/Shutterstock]

mayumine(Kelly Hodgkins 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0012R7Z9Y


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア