サイクリスト体をはって警察に抗議!(動画)

サイクリストなら気持が分かるかも。

自転車用車線って自動車が駐車してあるから、そのエリアをはみ出さないようにするのって結構難しいですよね。だから、しかたなく障害物をよけるために、身の安全を守るためにチョットだけ自転車用車線の外に出ただけで警察に罰金取られたら頭にきちゃいますよね。Casey Neistatさんみたいに。

とはいうものの、自転車用車線をはみ出さないのはムリですから!ってことを証明するために、Caseyさん体はりすぎです...。 

もともと、マンハッタンの住人の間では知られている事なんですけど、自転車用車線とサイクリストに違反チケットをきる警察の問題については議論になっていたんです。そこで、Caseyさんはビデオをセットして、世界中の人達に違反しないで自転車用車線を走りつづけるのは難しいってことを伝えたいと思ったそうです。

まぁ、確かに運転する側としては、自転車が突然ビューンと出てくるのは怖いから、取り締まるんだろうけど、そもそもの問題は駐車車両が多すぎるのが悪いんじゃないの? なぁんて思っちゃいました。

今回は、最終的にCaseyさんは罰金代50ドル(約4000円)を取り返してましたね。ということで、Caseyさん VS 警察はCaseyさんの勝ち! ただ、もしも同じような悩みを持っていたとしても、危ないのでCaseyさんの真似はしないでくださいね。

[Gothamist]

Kat Hannaford(原文/junjun )