岩手・山田湾。ダイバーが見つけた海の底に沈んだ思い出の品々

震災から約3ヶ月後、甚大な津波の被害を受けた岩手県山田町の湾に、日本のNPO法人が捜索のために潜り、その様子がABC Newsで報道されました。

海の底には、流されたトラックや家、食器や靴や本、そして、思い出の写真も沈んでいます。

捜査員の「ただの瓦礫なんて言えるわけがない、かつて、これらは誰かの大切な物だったのだから。」というセリフが印象的です。

今も行方不明者の捜索は続いています。

[Stoke via Scuttlefish]

mayumine(米版