道ばたのチューイングガムの上に絵を描くアーティスト!

道ばたのチューイングガムの上に絵を描くアーティスト! 1

今日紹介するのは、Ben Wilsonさん。彼はイギリス人アーティストで、なんとロンドンの道にこびりついてるチューイングガムに、絵を描いているんです!

黒っぽかったり、グレーのしみを、色鮮やかなアートに変えているんだそう。

Wilsonさん、なんとこの活動を6年間も行っています。

固くなったガムにペイントをほどこすためには順番は次の通り。

まずトーチランプでガムを柔らかくし、ラッカー塗料をスプレーします。それからアクリル系のエナメルで3回塗装!彼は、小さなブラシを使って絵をかきます。それからライターで熱して、急いで乾かし、ラッカーで絵をコートします。

道ばたのチューイングガムの上に絵を描くアーティスト! 2

彼のちっちゃなアートは数時間から数日で完成します。

そして、一度完成されたら、何年もそこに留まるのです。もちろん天候や通行人などのコンディションにも左右されますが。

道を歩いていると、何百ものガムのかすが道を汚しているのを見かけます。大都市のニキビみたい。Wilsonさんがこれらをアートに変えてくれたら、楽しいでしょうね。

Wilsonさん、東京にも来てくれないかなー

[NY Times, Photo Credit:Andrew Testa/NYT]

Casey Chan(原文/mio)