超カッコいい電気自動車スポーツカーが販売打切り間近...伝説のロードスターに!

超カッコいい電気自動車スポーツカーが販売打切り間近...伝説のロードスターに! 1

もう2度と買えなくなっちゃいますよ!

2シーターの高級オープンスポーツカーとして電気自動車(EV)の型破りな歴史を築いた米テスラモーターズのテスラ・ロードスター(Tesla Roadster)が、とうとう製造打切りで販売終了時期が迫っているようです。欲しい方は急いだほうがいいですよ~

日本では1500万円に迫る販売設定価格ながら、最高の加速でドライビングを楽しめ、しかも長距離運転だって可能な渋いEVスポーツカーとして、一部の富裕層オーナーからの高い支持を得てきたTesla Roadsterも、デビューから4年を待たずに、次なる新モデル「Model S」の発売を前にして同社のショールームから姿を消すことが決まっています。カッコいいデザインでは絶対にロードスターに分がありそうですが、セダンタイプのModel Sへと販売ラインナップが大刷新されるのも、やはり時代の流れなのでしょうかね?

ちなみに残る数少ないテスラ・ロードスターの納車先として、どうやら日本の名前も挙がっているらしく、売切れ前の貴重なラスト数台をゲットする幸運なオーナーが日本国内で誕生することになるんだとか。1度でいいから、こんなEVスポーツカーで颯爽と夏のドライブに出かけてみたいな~

SFGate via Engadget

Andrew Tarantola(米版/湯木進悟)