あれだけ騒がれたかのスタートアップは今...

あれだけ騒がれたかのスタートアップは今... 1

Flipビデオ創業者が今度はチーズサンドイッチのフードチェーン「The Melt」で1000万ドル(8億円)調達しましたが、あれぐらいでバブルと驚いてちゃいけない! iPhone/Androidアプリの「Color」は写真共有サービスをやると言っただけで、できもしないうちから、4100万ドル(33億円)集まっちゃったんですからね!

最近パッタリ音沙汰なしですけど、Color、あれからどうなったんでしょうね?

Colorは3月にローンチするなり、巷で大変な話題をさらったスタートアップです。ギズでもアプリは紹介しましたけど、アプリの内容よりも世間的にはYahooが2005年にFlickrを買収した額よりもまだ高い出資が集まったこと、カリスマ創業者のビル・ニューエン(Bill Nguyen)が率いること、Color.comのドメイン取得に35万ドル(2831万円)払ったことなどでメディアの脚光を浴びました。

実際なんに使うサービスなのかは、誰も良くわかってなかったんです。『elasticソーシャルネットワーク』と関係ある何かで、人と人とのコミュニケーションを変える手法というのですが、いざ使ってみると...近場で自分よりリア充な時間を過ごしてる誰かをストーカーするぐらいしか用途がなかったんですね。

さて、立ち上げから3ヶ月、Colorは今どうなってる思いますか?

以下の3つから選んでみてください。

a)Colorは人が互いにコミュニケートする形を変えた。高校生も携帯をテキストや通話に使うのはやめ、Colorに乗り換えた。「Color me!」が新語に。アプリは最近人気ドラマ「Law&Order SVU」の血も凍るエピソードで殺人犯の行方を突き止めるのに使われた。

b) Colorユーザーは地味ながら増えており、このまま順調にいけば数ある写真共有アプリの中でもニッチな分野を開拓できるだろう。

c)あの怒涛と混乱のColorローンチから一夜明けても見捨てなかった数少ないユーザーたちは今なおColorが何か理解できずにいる。Color社長は首になり、エンジニアたちは「ビーンバッグチェア、昼寝用テント、手造りスケートボード用ランプ完備」の広いパロアルトのオフィスであたふた対応に追われている、とニューヨーク・タイムズに書かれてしまった。

 

 

こたえ:c

ただしこれでColor終了のお知らせ...じゃないですよ。

まだ何千万ドルというお金が残ってますから。

[NYT, image via AP]

Republished from http://gawker.com

Adrian Chen(原文/satomi)