PTSDのセラピーで注目されるニューロフィードバックセラピーとは?

PTSDのセラピーで注目されるニューロフィードバックセラピーとは? 1

PTSD=心的外傷後ストレス障害。

何かをきっかけに心にトラウマを持ってしまう、誰にでも陥る可能性があります。米国では戦地に赴いたことがある兵士のPTSDが問題視されており、その治療法に注目が集まっています。PTSDには多くの治療法がありますが、これだ!というものは未だにありません。が、そんな中、ニューロフィードバック療法がとても効果的だという報告があります。ニューロフィードバックは脳波のパターンを記録・研究し、それにもとづき脳波に意識的に影響を与え、自分でコントロールする力を身につけていくものです。

多くの被験者が、この治療中に自分で脳を再構築しているような気がすると答えています。何かに対するリアクションがネガティブな時、よりポジティブに考えられるように軌道修正していくのです。米国軍事チームには、PTSDに悩む兵士がこの治療が受けられるように専用の機器を購入したところもいくつかあります。

が、このセラピー方法はまだ完璧に認められたわけではありません。PTSDの確固たる治療法となっているわけではありません。被験者が本当に楽になったのか、もしくはそんな気がしているだけなのか、ただのプラシーボ効果なのではないかという声もあり、これから深く研究し明らかにしていかなくてはならないことがたくさんあります。気がするだけじゃない、ということが証明されるまで、兵士達はPTSDが実際には完治していないまま、戦地に戻っていることになってしまいますものね。

気が休まるのではあれば、「治った気がする」でもいいじゃないか、病は気からだ!と思いますが、これからその成果が証明されるように今後の研究に期待がかかります。

[The Daily]

Image Credit: Olga Lyubkina/Shutterstock

そうこ(Kwame Opam 米版