もしやこれはいつか来た道? 各地で急速に広がる「Facebook疲れ」なる新現象!

もしやこれはいつか来た道? 各地で急速に広がる「Facebook疲れ」なる新現象! 1

そう言えば日本でも「ミクシィ疲れ」なんてあったような...

いまをときめく急成長ぶりで世界に進出している「Facebook」ですけど、実は静かにFacebookから離れていくユーザー層の増加が目立ち始めてもいるようですよ。例えば、米国ではとうとう1か月で600万人近いユーザー数の減少を経験してしまいました。こんなに減っちゃったのは、ここ最近では例がないみたいですね。おまけに同じく5月にカナダでは150万人以上のユーザー数の減少が報告されており、他にも5月中にユーザー数が10万人以上減ってしまった国としては、イギリス、ノルウェー、ロシアが挙がっていますよ。

ただ世界全体では5月もFacebookユーザーはますます増加して、全世界で7億人の利用者数に迫りそうな勢いです。メキシコ、ブラジル、インド、インドネシアといった国で急速な新規登録ユーザー数の伸びが見られており、こうした比較的新たにFacebookの人気が出てきた国々での増加が、すでに以前から利用が進んでいた国々でのユーザー数減少をカバーする形で、全体的には成長曲線が描かれているんだそうですよ。

ちなみにこの世界各地でじわじわと広がりつつあるFacebook離れは、その確たる原因が判明していないみたい。でも、もし本当にベテランユーザーはそろそろ飽きが来てる現象ゆえの利用者数減少であれば、やっぱりなんとかしていかないと、いずれはFacebookの成長にも陰りが見えてくるのではって懸念も出始めていますよ。まぁ、もしかするとそれゆえにも新大市場の開拓に中国への進出が急がれているのかもしれませんけどね~

Inside Facebook

Ryan Tate(米版/湯木進悟)