ソーシャルとクルマで何ができる? トヨタ、ソーシャルアプリ受賞式

ソーシャルとクルマで何ができる? トヨタ、ソーシャルアプリ受賞式 1

以前ご紹介したトヨタソーシャルアプリアワード」の受賞発表会へ参加してきました。

トヨタソーシャルアプリアワードは、トヨタが車に関連するソーシャルアプリの企画アイデアを募集するというもので、今年の2月から応募を受け付けていました。

アイデアだけで100万円ゲットできるチャンスがあっただけでなく、クルマとソーシャルアプリというユニークなテーマに多くの人たちが興味を持ったようでして、応募総数は予想を上回る1,255件もありました。

それらの中から最優秀のグランプリ作品3つを含む、合計11作品の受賞が発表されました。グランプリに選ばれたのは、ソーシャルネットワーク型ヒッチハイクという新しいドライブ行動を提案する「Thumb Tripping(サム・トリッピング)」、クルマに乗る行為を幸せ行為に変える「パワーロード」、ドライブの敷居を下げるドライブライフシミュレーター「ふりっく☆ドライブ」の3作品。

受賞した11作品は今後製品化も検討されるため、企画詳細は明らかにされませんでした。

今後はアイデア提案者の意向のもとでアプリの製品化をサポートしていく計画です。これらのアプリによってクルマのライフスタイルが変わることが期待できるとのことなので、製品化楽しみですね!

[TOYOTA SOCIAL APP AWARD]

(丸山裕貴)