胃の中を泳ぐオタマジャクシ型内視鏡が開発される。

胃の中を泳ぐオタマジャクシ型内視鏡が開発される。 1

一瞬ピンクローターかと思いました。

これは『オタマジャクシ型内視鏡』です。胃の中を泳ぎ回るんだそうです。これを使って人の胃や腸内部の撮影に、大阪医大龍谷大などのチームが成功したとのこと。

長さ2.5センチ、直径1.2センチの錠剤型カプセル内視鏡に、磁石を内蔵した樹脂製の尾びれを装着。N極とS極を高速で入れ替えることでひれを動かす。胃の撮影では口からのみ込み、大腸では肛門から座薬のように入れる。

とうわけで、このオタマジャクシは消化管内を自由に動き回り、狙った患部を観察することが出来るんだそうです。数年内の実用化が目指されています。

肛門から入ってくる...というと、オタマジャクシというよりかアマゾンに住むという人食いナマズ「カンディル」を連想しました。

自走式カプセル内視鏡がヒトでの撮影に成功。記者発表を実施。[ 大阪医科大学 via YOMIURI ONLINE(読売新聞)]

(鉄太郎)