現代によみがえった巨大なノアの箱舟、ついに処女航海へ!

現代によみがえった巨大なノアの箱舟、ついに処女航海へ! 1

こんなにデカかったとは~

製作プロジェクトを率いたヨハンさん自らも、思わず完成した箱舟を見てそう叫んじゃったそうですよ。旧約聖書に登場する世界的な大洪水を切り抜けた「ノアの箱舟」を、本当にオランダで作り上げちゃった強者が現われて、その処女航海が話題になってるみたいですね。

オランダで水際の生活を強いられてきたヨハンさんは、常々、箱舟の話が気にかかっていたようでして、実は2004年にハーフサイズのノアの箱舟を製作し、見事に運河に浮かべては遊覧船として運用することに成功していました。でも、やっぱり本当に旧約聖書に書いてある実物大サイズで作りたいとの欲求を抑えられなかったんですってね。

そしてついに100万ドルを費やして完成した今回の最新作は、なんと全長450フィート(約137m)という3000トン級のビッグサイズに! 軽く1500人の乗船客を収容可能な箱舟になってしまいましたよ。このまま2012年のロンドン五輪に乗りつけて、テムズ河を航海しながら環境保護などを訴えていく計画なんだとか。これは一見の価値があるかもしれませんよね...

The Scuttlefish

Kelly Hodgkins(米版/湯木進悟)