Core2Duoに換装したmac mini(Early 2006)でLionが動いた!

Core2Duoに換装したmac mini(Early 2006)でLionが動いた! 1

CoreSoloやCoreDuoを搭載したIntel Macをお持ちのギズ読者の皆様は、Lionのシステム条件が発表された時にはガッカリしたんじゃないでしょうか。僕も愛機mac mini(Early 2006)で最新のOS Xが動かないことを知ったときは、いよいよ来たか...とため息が漏れたものです。

そんなIntel Macなのに最新のOS Xが動かないという難民の皆さんに朗報です!

Lionのシステム条件であるIntel Core2Duo以降、メモリ2GB以上、HDD 7GB以上の条件をクリアし、少し細工を加えることでLionのインストール及び起動ができることが分かりました。

当然ですが、Core2Duoが搭載されたMacをお持ちでないと、そもそもAppStoreからLionを購入できない...ということになるので、手元にCore2Duo以降のMacがあるか、もしくは条件の合うMacを一時的に借りて自分のApple IDでLionを購入&ダウンロードする必要があります。

ちなみに、条件を満たしたMacからCoreSolo、CoreDuoなMacにLionのインストーラアプリケーションを持ってきて起動すると...以下のように怒られます。

Core2Duoに換装したmac mini(Early 2006)でLionが動いた! 2

システム条件にも書かれていますし、当然の結果ですね。また、一部の改造好きな方や、Lionを動かそうとCore2Duoに換装した方の場合も、以下のように怒らてしまいます。

Core2Duoに換装したmac mini(Early 2006)でLionが動いた! 3

元がCoreSoloやCoreDuoのMacのCPUをアップグレードしたって、ダメですよ。というアップルのメッセージなのかも知れませんね。

そこで考えられたのが、インストール時やインストール後にサポートされていないMacの機種情報の設定を追加し、条件を満たしている風にLionに思い込ませる方法になるようです。詳しいインストール方法については、別記事で紹介しますので、もうしばらくお待ちください。

Core2Duoに換装したmac mini(Early 2006)でLionが動いた! 4

(KENTA)