効果あるかなぁ? 喫煙は怖いですタバコ・ケース

効果あるかなぁ? 喫煙は怖いですタバコ・ケース  1

喉に穴、そこから煙...。

こちら、喫煙しすぎを抑止するためタバコの箱にプリントされることになったそうです。 今でも、喫煙は健康を害する恐れがありますっていうかんじの注意書きが書いてあるけど、それだけじゃぁ効果が薄い! ということで、アメリカでは、ビジュアルでアピールする事にしたようです。

今ご覧になっている警告デザインの他、8つほどバージョンがあてそれぞれに、違ったキャッチコピーもついているので、タバコを吸おうと箱を手にする度に、そのイラストと言葉を目にすることになるんです。 

こんなかんじで。20110701_badcigs220110701_badcigs320110701_badcigs420110701_badcigs520110701_badcigs620110701_badcigs720110701_badcigs820110701_badcigs9

ただ、デザインによっては、あんまり怖くないというか効果が薄そうなものも...。 例えば漫画仕立ての赤ちゃんバージョンや、I QUIT Tシャツを着てるバージョンは、心に訴えるものがありません。 喫煙の怖さなが伝わらないんですよね...。 真黒になった肺やボロボロの歯とただれた唇とか、死体風の写真は、ゲゲゲっと思いますけど。 なので、タバコを気持よく吸いたい場合、僕ならあんまり気にならないデザンのを選んで買っちゃうかも。

さてさて、《米》食品医薬品局(FDA)の今回の試みは、成功するのかなぁ? 不快感を与えすぎると、それはそれでクレームがくるし、それを配慮すると効果がイマイチかも!? 難しいですねぇ。

ちなみにこれがプリントされ始めるのは2012年の9月からだそうです。 効果あると思います?

[FDA, Image Credit: FDA]

-Casey Chan (原文/junjun )