iOS 5 ベータ3が開発者向けに公開! 新機能、変更点のレビュー

iOS 5 ベータ3が開発者向けに公開! 新機能、変更点のレビュー 1

200を超える新機能が追加されるiOS 5は今年の秋頃リリース予定ですが、7月11日、開発者向けにiOS ベータ3が公開されました。

ようやくベータ3まで来ました。正式公開バージョンに段々近づいています。

(過去、iOS 3はベータ版を5つ公開、iOS 4 が4つ公開しています)

iOS 5 ベータ3について簡単におさらいしていきます!

  

新機能

iOS ベータ3では、全体的なスピードの改善、バグの修正、そして目新しい機能として、テキストメッセージの着信音がカスタマイズできるようになっています。

iPadのアシスティブタッチ機能もベータ3で解禁されました。

アシスティブタッチ機能とは、タッチスクリーン上から指先で操作できる、ジェスチャーベースのコントロールパネル。

「ホットコーナー」とというメニューで、所定の場所をタップしてメニューを引き出してiPadをコントロールできるようになるようですよ。

(そのスクリーンの画面は以下のギャラリーよりご覧いただけます)

さらにiOS 5では位置情報サービスの設定が分かりやすくなり、個々の位置情報サービスの設定方法が変わっています。

9to5macによると、アップルは新しいクラウドベースの地図サービスを構築しようとしているらしいです。(でもiOS 5には搭載されない可能性が高い)

バグ

新しいベータ版でもすでにいくつかバグが発見されています。

もしiOS 5 をメイン端末として使っていたとしたら、「連絡先」の箇所に不具合があったり、iMessegeは、ベータ1の端末とはやり取りができなかったり、(ベータ2の端末なら可能)着信音のカスタマイズ機能はまだバグがあったりなど、まだまだ要注意な箇所がいくつかあるようです。

その他マイナー機能のアップデート

いくつかのマイナーアップデートも最後に簡単にご紹介。

メールアプリケーション上から新しくメールボックスを作成することができるようになりました。

またSafariの設定からクッキーなどのデータをクリアできるように。

また「音楽」アプリから「ストア」ボタンが現れ、iTunesストアにそのまま行けるように。さらに「音楽」あぷりから動画ファイルの格納場所がわかるようになりました。

.

iOS 5 はiPad、iPad 2、iPhone 4、iPod touch 3とiPod touch 4、そしてアップルTVで使うことができます。

さらに iTunes 10.5 beta 3, Xcode 4.2 Preview 3, and Xcode 4.1 GM も公開されています。

(以下はiOS ベータ3のスクリーンショットギャラリー)

20110712_ios50120110712_ios50220110712_ios50320110712_ios50420110712_ios50520110712_ios506

[9to5mac, Cult of Mac, MacRumors, ItsAllTech]

Kyle Wagner(mayumine/米版