iPadやAndroidタブレットって本当に売れてるの? それほど爆発的ヒットにはなってないとの気になるデータが...

20100127appletablet_a.jpgのサムネール画像

まだギークユーザー層に人気なだけなの?

このところ電車内などでもiPadやAndroidタブレットを使ってる人を見かけるのが珍しくなくなってきたとも思うんですが、このほどIDCが発表した2011年第1四半期(1~3月期)のタブレット市場の調査データでは、やや人気にも陰りが...と感じさせなくもない数字が出そろってきたそうですよ。パソコンより売れてる大市場を形成するまでの道のりは、意外とまだまだ長いのかもしれませんよね。

世界のタブレット販売台数は、記録的な売行きを見せた昨年のクリスマス商戦期からは一転して落ち込み加減のようでして、今年最初の3か月間の販売数は、やや予想を下回る720万台に終わったとのことです。年末商戦が終了し、年が変わった途端、消費が下降気味になるのは例年のことなんですけど、タブレット人気に大いに期待していて、年明け後だって爆発的な売行きが続くはずさ~と夢を見ていた一部の業界関係者には、ちょっと期待外れな数字だったそうですね。

ただ、このデータを悲観的に見るべきではないとの指摘も相次いでいます。続く3か月間の2011年第2四半期(4~6月期)には、アップルのiPadだけでも余裕で720万台以上が売り上げられたはずだと考えられていますからね。まぁ、タブレット市場をアップルが独占してるから、他のAndroidタブレットの数なんてそんなにないという発言も出てきてはいるんですけどねぇ。

Fortune

Jack Loftus(米版/湯木進悟)