噂の廉価版iPhoneは350ドル切る...という噂。iPhone 4S/5は晩夏?

「噂の廉価版iPhone」が本当に出るかもどうかも分からんうちから「350ドルになるらしー!」という噂が入ってきましたよ。一体どうなっちゃってんでしょうね、今年のiPhone事情。

この最新の噂の出元はBGRの「信じられないほど手堅い筋」

我々の情報筋(単数)によると、アップルはプリペイドかもっと安いiPhoneを本当に年内に発売するらしい。小売価格は契約縛りなしで350ドル切るそうだ。で、本当に面白いパートが...いいかい? ...廉価版iPhoneと言いつつ実はiPhone 3GSということも充分あり得るらしいんだよね。

我々はiPhone 5がラディカルな新デザインになるとの情報を別の筋からとって伝えたが、 こっちの情報筋はそれが次のiPhoneと言い切るほどの確証はないらしい。それがiPhone 4SであれiPhone 5であれ、「夏の終わり、8月下旬辺りまでには発売か、少なくとも発表になる」そうだ。

むぅ...3GSってところで、あのアップルが2年前のモデル引っ張り出してくるかなーって思っちゃいますよね。3つの価格帯が揃うという噂とは符号しますけど、これが本当なら3GS、iPhone 4、iPhone 4Sということになりますね。

ともあれ、これで秋に廉価版が出る確率はだいぶ上がってきましたね。廉価版というからには契約抜きで350ドル切るというのもアリでしょう。でもそれが3GSになる確率は...僕はヴァージン・ギャラクティックの宇宙旅行が実現する確率より低いと思いますよ、はい。

Brian Barrett (原文/satomi)