これは意外な盲点だった...MacBookの内部へバッテリーから進入して破壊可能な脆弱性が!

2011.07.28 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110728battery.jpg


他のWindowsのノートパソコンだと本当に大丈夫なのかな?

米国家安全保障局でセキュリティー研究者を務めた経歴を持つチャーリー・ミラーさんは、このほどMacBook、MacBook Pro、MacBook Airに共通する深刻な脆弱性を発見。間もなくラスベガスで開催される「Black Hat 2011」にて、対策ツールも含めた正式発表が行なわれる予定ですが、なんだか非常に危険なことに悪用される恐れもあるんだとか...

どうやらアップルのノートパソコンのバッテリーには、マイクロコントローラーを保護するために共通のパスワードが用いられてしまっているらしく、つまりはいざこのユニバーサルなパスワードさえ解析してしまえば、バッテリーからパソコン内部へと侵入してはマルウェアを仕掛けたり、BIOSを自由自在にいじっては致命的な被害をもたらしたり、おまけに遠隔操作でバッテリーを発火させて爆発を引き起こすだなんて恐るべき手口への応用さえ可能らしいです! しかもユーザーにしてみれば、どんなにウイルス対策ソフトなんかで防衛しようとしても、バッテリーを本体に接続している限りはハッカーの侵入を防ぐことができないという超悪質なセキュリティー問題にさらされると警告されていますよ。

ちなみにミラーさんは、すでに非公式にこの問題をアップルに知らせてあるんだそうで、もしかすると早急に何らかの対策が講じられることになるやもしれませんね~


Forbes

Adrian Covert(米版/湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4048703080


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア