地球から最遠、129億光年先にある超巨大ブラックホールをもつ新天体が大発見

地球から最遠、129億光年先にある超巨大ブラックホールをもつ新天体が大発見 1

これまで見つけてきた中で地球から最も遠く、そして太陽の約20億倍の質量の超巨大ブラックホールを持つクエーサー(天体の一種)が発見されました。

どの位遠いのかというと...、地球から約129億光年

この宇宙で起こったとされるビッグバン(約137億年前)から割とすぐにこの天体は光を放ち、それを観測したということになります。

全く想像すらできない遠さですよね。

これは天文学的に大発見で、「初期宇宙を探る上で大きな手がかりとなる」ようです。

[Gemini Observatory via Science News]

mayumine(Sam Biddle 米版