怒涛のごとく家に津波が押し寄せてきても逃げ切れる究極のサバイバルカプセルが発売間近!

怒涛のごとく家に津波が押し寄せてきても逃げ切れる究極のサバイバルカプセルが発売間近! 1

こんなアイディアがあったのか!

思わずそう叫んでしまいそうな発想の新製品を自由に作り上げるべく、ボーイングの元エンジニアが立ち上げたIDEAという会社から、ユニークな津波サバイバルカプセルが発売されますよ。家の庭などに置いておいて、このカプセル内へ緊急避難すると大津波にさらわれても安全に海の上を浮かんで漂いながら脱出できるというコンセプトのようですね。

実はIDEAでは、すでに何年も前からこのカプセルの商品化の話が出ていたそうなんですけど、いつの間にか立ち消えになってしまっていました。ところが、ニュースで東日本大震災の津波の大被害を目にしてから、再び開発プロジェクトを始動させることになり、直径7フィート(約2.1m)のカプセルの中に6人掛けのシートを用意し、そのままどんなに荒波にもまれてもシートベルトで安全に身体を固定して逃げ切れる完成度に仕上げられたんだとか。

アルミニウム製の球形ボディーのサバイバルカプセルは、日本円にして10万円を切る1000ドルの価格帯から発売されるそうですが、漂流中に津波にさらわれた他の危険な漂流物にぶつかったとしても安全に守られる、ハイエンドな特別強化ボディーモデルも5000ドルで用意されるみたいです。こういうカプセルを沿岸部の各家庭に配備しておく...なんて時代がやって来るのかもしれませんね。

TechFlash

Kelly Hodgkins(米版/湯木進悟)