顕微鏡で見た砂粒は、それぞれ宝石のように美しかった

顕微鏡で見た砂粒は、それぞれ宝石のように美しかった 1

空には数えきれないほどの星が在るように、砂浜には無数の砂粒が足元に在ります。

星は天体望遠鏡で観察することはあっても、砂粒を顕微鏡で拡大して見ることはほとんどないのではないでしょうか。

実は砂粒ってすごく綺麗なのです。

上の写真は砂粒を顕微鏡で拡大してみた画像で、砂粒一つ一つが星のかけらのようにとても美しい形をしているのがわかります。

顕微鏡で見た砂粒は、それぞれ宝石のように美しかった 2
ロンドン大学のGary Greenberg博士が250倍に拡大して撮影しました。

まるで宝石か小さな貝殻のよう。

砂粒は非常に小さく、拡大して撮影すると深度が浅くなってしまうため、新しい拡大写真の撮影方法を開発する必要がありました。

数十枚の写真を異なる角度から撮影し、それらをソフトウェアで組み合わせて写真を合成しています。また、それぞれの砂粒の写真は単純に見えるかもしれませんが、実際は数時間程度かけて撮影していて、それは楽しい作業でした。

この宝石のような砂粒の写真をもっとじっくり見たければ、Greenberg博士のウェブサイトへどうぞ。またこの砂粒のサイン入り写真集もここのウェブサイトから20ドルで購入することができます。(ただし米国のみ)

[SandGrains via Daily Mail via Lost at E MinorImage Credits: Professor Greenberg/SWNS]

mayumine(Kat Hannaford 米版