がんも怖いけど、日焼け避ける方がずっと体には悪いかも

110721cartmanginger.jpg

日光が肌に当たるとできるビタミンDは体に欠かせぬもの。現代のライフスタイルでは燦々と降り注ぐ太陽の下で過ごす時間も最小限になっていますが、日焼けは従来考えられてきたほど悪くないんですよ。なぜか? 天文学者ボブ・バーマン(Bob Berman)著『The Sun's Heartbeat』が研究最前線の現況をざっくり解き明かします!

--

太陽の悲劇の序章は有史はるか以前に遡る。事の次第は今となっては推測に頼るほかないが、5万年から7万年前に人類大移動が始まり、我々の祖先は熱帯および赤道直下の強い日差しから遠ざかっていき、そしてたちまちビタミンD欠乏症となった。

我々の体は肌が太陽の紫外線(UV)に当たると体内にビタミンDが生成される。UVの密度は太陽の傾きが低くなるとガックリ減る。そのため温帯...特に高緯度の地域の住民は赤道付近の10%程度しかUVを浴びることができないのだ。

北方に移動するに従い、先祖の体にはビタミンD欠乏症が発達してゆき、それは即座に残忍な結果となって現れた――ダーウィンが唱える冷酷非情な進化のプロセスで生存種から淘汰されたのだ。つまりくる病(ビタミンD摂取不足で起こる)に罹った女性の胎児は母体の外に出ること叶わず、分娩で母子ともに死んでしまうのである。

たった数千年の間に自然淘汰で一部の人の肌は白くなり、高緯度に注ぐ低密度の日光からでもビタミンDの摂取が可能となった(肌の色を黒くするメラニン色素には肌を紫外線から守る日焼け止めの効果がある。赤道付近では裸で日光を浴びると紫外線に当たり過ぎて害になるためメラニン色素が必要)。北米・北ヨーロッパは気候も温暖なため、人々は1年のうち半分以上も肌をほぼ100%外気に晒し、ビタミンDを体内の筋肉や脂肪に貯めて過ごす。こうして新しいバランスが形成された。

ところが、この1世紀で何もかもがガラリと変わってしまった。

まず米国と欧州では生活の大半を野外で過ごす農耕社会から生活の大半を室内で過ごす製造社会へと社会が一変した。また人々の移動手段も窓で四方囲まれた車になった。ガラスは太陽の紫外線を弾くのでビタミンD生成の妨げとなる。1950年代後半にはエアコンが広く普及し始め、1970年代に入ってエアコン価格が下がると人々は窓を開けっ放しにしておくのをやめた。さらに窓枠に固定するタイプのエアコン人気が加速。自宅でも職場でも我々の体に届く唯一の太陽光はUVを遮断するガラスを通して入ってくる光ぐらいという状況になった。

こうなると二重三重に麦わら帽を被ってるようなものだが、最後の止めがサンブロックだ。日焼け止めなんてものは今から30年前まで存在もしなかった。初期のUV軽減クリームは光量をせいぜい半分に減らす程度で、1950年代には紫外線を完全に遮断する製品としてではなく、なんと日焼けを推奨する製品としてプロモートされていた。それがやがて1980年代に入って市場に新投入されたのがサンブロックだった。SPF(sun protection factor、日光防止指数)の値が30、45のサンブロックを塗れば体内ビタミンDの生成は事実上止まってしまう。同時に人々は夏の間はずっとこの手のローションで自分の体を保護するようアドバイスされた。医学界でさえ皮膚がん予防のため太陽から隠れるよう奨励する始末だった。

かくして人間の変態は完了。我々現代人はH.G.ウェルズが小説『タイムマシン(The Time Machine)』で描いたモーロック族じゃないけど、太陽の紫外線からほぼ完璧に遮断された存在となってしまったのである。

 そこで登場したのが現代ビタミンD研究家だ。「今の人の多くはビタミンD欠乏症で無用の苦しみを味わい死んでいる」と主張する非営利の教育機関「Vitamin D Council(ビタミンD評議会)」事務局長を務めるJohn Cannell医学博士もそのひとり。

彼はそんじょそこらの医者とは違う。そんじょそこらの研究者とも違う。彼は人を宗旨替えさせる人、劇場で煙が上がったら逃げる時間があるうちに真っ先に「火事だ!」と叫ぶ人である。その彼が最近やけにやる気を起こしている。人類が知らず知らずのうちに自らを破滅に向かわせる不自然な何か、他に例のない何かに自分を変えてしまったのではないか、との思いに駆られているのだ。

2010年当時、彼は私にこう嘆いた。「人類社会も所詮は穴居人が作った最初の社会に過ぎない」、「よもや皮膚形成の進化の過程でその人類が太陽をここまで完璧に避けようとは、母なる自然も夢にも思わなかっただろうよ」

この30年の間に新聞・TVが垂れ流した怖い記事のせいで、みんなすっかり太陽を恐れるようになってしまったと批判するCannell氏のような専門家が最近ますます増えている。彼らが言うには、太陽を避けた結果、血中に自然に育まれるビタミンDは自然が元々意図した量のほんの一部となり、これが原因でいろいろ恐ろしいことになっている、がん罹患率の大幅増加もそのひとつだ、というのだ。

110726ReadersDigest_The_Vitamin_SCAM_April_2010edition.jpg
ビタミンDが超重要なことは今さら疑問の余地もない。ビタミンDは新たな必須サプリメントとなり、これを推奨する人気メディア・家庭医は増加の一途を辿っている。米誌「リーダーズダイジェスト(Reader's Digest)」は2010年にビタミンビジネス全般が「詐欺」だと報じ、毎日サプリメントなど摂取するのはやめるよう呼びかけたが、その中でも唯一の例外が毎日1000 IU(国際単位)のビタミンD3で、これに関しては数あるサプリの中で最も推奨されるビタミンとして紹介されている。

このようにビタミンDが突如脚光を浴びるに至った背景には、ビタミンDがこれまで把握された中で最も強力な抗がん剤であることを強く示唆する研究が続々登場しており、これが起爆剤となっている、という事情がある。

例えばクレイトン医科大学のビタミンD研究家であるRobert Heaney医学博士は、ランダムに32件もの検査を行ったが、大半の結果はこの仮説を強く裏付けるものだったと指摘する。例えば平均年齢62歳の女性グループに毎日大量のビタミンDサプリメントを投与する大がかりな調査では、摂取開始からたったの4年で対照群に比べあらゆる種類のがん発症率がなんと60%も減ったのである。

「がんは何十年もかかって進行する病なのに、たった何年か摂取しただけでそんなにガクンと減るなんて一体どういうことなのだ?」と疑り深い人は思うだろう。思って当然だ。これについてHeaney氏は、(短期間で減るのは)検出可能になる前の小さな腫瘍の段階でビタミンDが腫瘍の成長・転移を食い止めてしまうからではないか、と考えている。「どうせなら私もそんながんに罹ってみたいものだよ―大きくならないがんにね」(Heaney氏、2010年6月筆者と談話の中で)

カナダがん協会は2009年、ビタミンD摂取の推奨量を1日1000 IUに引き上げたが、それでもまだ低過ぎるというのがCannell氏、Heaney氏、その他大勢の専門家の見方だ。

「ある会議に出た折、専門家全員に1日に自分と家族が摂る量を尋ねてみたら、1日平均5500 IUだった。無論これだけ摂取しても危険はない、1日30000 IU未満なら毒性も出ないからね」(Heaney氏)

それにしてもなぜ今ビタミンDブームなのか? こうして見てくると、まるであの猫も杓子も「フリーラジカル」から身を護るためビタミンEを飲みまくった1990年代の酸化防止剤ブームか、ライナス・ポーリング主導でブレイクした1970年代のビタミンCの熱狂的ブームの再来のようで、いかにも胡散臭く感じてしまうのも事実だ。今述べたようなビタミンはいずれも最近の研究で死亡率に全くなんらの影響も及ぼさないことが分かっている。今となっては総合ビタミン剤を1日1錠飲もうが、ホステス社のクリームたっぷりのバター菓子トゥインキーを毎日食おうが、健康に与える影響は大して変わんないんじゃ...と思えてしまうような状態だ。おそらく我々のこの体は元々ビタミン大量投下を前提に造られたものではないないのかもしれない。あるいは既知のビタミン&ミネラルを2ダース程度どうにかしたところでそれは健康という大きな氷山から見たらほんの一角に過ぎなくて、本当に大事なものは我々がまだその存在にすら気づいていない何百、事によると何千という微量物質なのかもしれない。

ただ、それでも「ビタミンDが大事」という話は我々の体が形成されたときの周辺の自然環境を考えても、存外納得がいく。結局なんだかんだ言ってもビタミンDは、ただ太陽の紫外線を浴びるだけで体内に自然に生まれるものなのだから―。

強い日差し(4月から8月にかけての11:00 AM-3:00 PMに差す日光のような強度)の中にたった10分ボケッと突っ立ってるだけで、人の体内にはなんと牛乳コップ200杯分のビタミンDができる。「ことビタミンDに関しては自然は何故こんなにも早業なのだろうね? 自然は普通こういう早業はしないものなのに」とJohn Cannell氏は問いかける。

もちろん氏が暗に言わんとしている答えは、それだけ安定的に大量のビタミンDを確保する前提で我々の体が造られているからだ、ということである。

ところが最近専門家がテストを行う被験者の数が増えるにつれ、米・カナダ・北欧に住む文字通り全人口が今深刻なビタミンD不足を抱えている実態が徐々に分かってきた。原因は何なのか? おそらく何十年という長きに渡って我々が太陽から隠れてきたせいではないかと、Cannell氏はじめビタミンD評議会所属の医師たちは睨んでいる。

その影響は我々が自覚しているより遥かに酷いことも考えられる。自閉症の爆発的増加も、妊娠中に母親の体内のビタミンD摂取量がゼロに近く、産後も小さな乳幼児の時に日光から隔絶されて育つことが原因なのでは...と危惧する専門家も今は多い。

米疾病管理予防センター(The Centers for Disease Control :CDC)によると、今やビタミンDを充分摂取している乳児は文字通りゼロに等しいという。具体的に欠乏比率がどれぐらいかというと、CDCが2011年より前に推奨していた低い体内摂取基準をベースに割り出しても、乳児全体の90%は摂取不足なのだ。

Cannell氏によると、自閉症有病率が最も高いのは、雲と雨が最も多く、よって血中ビタミンD量が最も低いエリアらしい。スウェーデンの研究でも日光欠乏と自閉症を強く関連付ける結果が得られている

さらに同じ緯度に住む人でも黒人は体内ビタミンDが白人の半分で、自閉症に罹る確率は倍だ。逆にソマリアのように太陽が燦々と降り注ぎ、ほとんどの人がほとんどの時間を野外で過ごす土地では自閉症は文字通り確認もされていない

あとこれも事例的証拠で恐縮だが、自閉症は比較的裕福で高学歴な人に高い確率で起こる極めて稀な難病のひとつ。富裕な高学歴層と言えば、まさに最も日焼け止めに熱心で、子どもを屋内にかくまっておく確率が高い層ではないか...。

まあ、地球の異変と太陽の黒点の変動をいちいち関連付けるのが危険なように、この二者を性急に繋げるのはもちろん危険な発想だ。特に自閉症の話題は(一度開けたら広まって元に戻らない)虫の缶詰なので慎重に慎重を重ねて扱わないといけない。が、それでも、こうした研究初期の兆候をザッと見回すだけでも警鐘を鳴らすには充分な気がする。―妊娠中の女性、小さな子を持つ母親は今すぐ自分も子どもも太陽をもっと沢山浴びるようにした方が賢明かもしれない。

1973年、まだ医学部の学生だった頃、Cannell氏は人間の母乳にはビタミンDはほとんど含まれておらずゼロかそれ近い、と教わり、「そんな馬鹿な話あるか、と思った」そうだ。2011年に電話で雑談の折に出た話だが、「どうして自然はこれほどまでに人間の命に欠かせぬ物質を乳児から奪うのだ?」と思ったという。氏はこう続けた。「実は妊娠中の女性がビタミンDを1日5000 IU摂取し始めると、すぐさま母乳には授乳中の赤ちゃんに充分行き渡る量のビタミンDが含まれるんですよ。つまり毎日女性が自然に浴びるべき量を確保する、鍵はそこにある、というわけです」

しかしこうした事実とは裏腹に(これはビタミンD協議会に所属する医師・研究者が大いに腹を立てていることでもあるのだが)、アメリカ食品医薬品局(FDA)の推奨する1日のビタミンD摂取量は相も変わらずたった400 IUのまんまだ。同局はビタミンD研究のほとんどは「不完全」あるいは「矛盾する」ものだと公式に述べており、石橋叩いてゆっくり渡る慎重なアプローチなのである。

2010年11月、全米科学アカデミー医学院は1997年以来初のビタミン推奨量改訂を行い新基準を発表したが、これも多くの人を失望させた。まあ、それでもこれで1日の推奨量が乳児は400 IU、成人の大半は600 IU、70歳から上のシニアは800 IUに一挙に増えたことは増えた。また、医学院は公式な推奨量上限にこそ4000 IUという控え目な数値を採用したものの、1日最大10000 IUまでなら摂取しても何ら体に害はないと言明もしている。

だがこの新基準でもまだ「なんの目安にもならない摂取量」だとCannell氏は手厳しい。ボストン大学のビタミン研究家Michael Holick医学博士も同意見で、自分なんて1日3000 IUも摂ってるのに、と話している。

Cannell氏に聞いた話だが、この全米科学アカデミーの報告書は部内で「スキャンダル」となり、医師4人がムカッとした勢いで報告をまとめた委員会に辞表を叩きつけたものらしい。「あれは常識的視点がことごとく欠落しているんですよ」、「例えば乳児には1日400 IU摂れ摂れ言っておきながら、成人にはたったの600 IUでいいと言う。しかしね、これは筋肉と脂肪に行き渡るビタミンですよ。体重が重ければ重いほど沢山摂らなきゃならないのに。まったく意味不明ですよ」(同氏)

「いいですか、よく聞いてくださいよ。幼児期の自閉症、ぜんそく、自己免疫疾患が爆発的に増えていることは今や誰でも知っている。それもこれもみんな太陽から子どもを遠ざけた時点から始まっていたんですよ。25年前から降って湧いた三つ巴のパーフェクトストームで、子どもが浴びる日光の量はすっかり変わってしまった。まずひとつ目は1980年代に社会を恐怖に陥れた幼児性犯罪者の台頭、ふたつ目が皮膚がんの恐怖、最後が任天堂&ビデオゲームのブーム。今の子どもは外で遊ばなくなってしまった。遊び場もがらんとしている。子どもを走り回らせるだけで悪い母親と呼ばれてしまう。子どもが日焼けなんてした日にゃ児童福祉法違反で通報だ。子どもの脳の発達がこんな風にビタミンD抜きで進まなければならない状況はかつて一度もなかった」

本書は医学書ではないので、ビタミンD研究最前線の人たちの勧めをそのまま紹介するぐらいしか能がないが、彼らが口を揃えて言う一番のアドバイスは「炎症を起こさない範囲で適度な日光浴を日課にする」ことだ。着衣はなるべく薄着がいい。肌が赤くならない範囲でどのぐらいの日光までなら消化できるか、それは本人が一番良くわかっているよね。ものすごく色白な人、ブロンドの人、赤毛の人でもない限り、強い日差しに一度に10分から20分当たっても問題ないだろう。日なたに短パン1丁で寝そべって、仰向け・うつぶせで表裏5~10分ずつ浴びること。UV密度を決めるのは太陽の高さだ。地面に落ちる自分の影が自分の背丈より短かったら、その体で結構な量のビタミンDが生み出せるはずだよ。

遮るもののない状態で5月から7月の昼の太陽に20分(3月、4月前半、8月後半~10月にかけてなら丸々1時間以上)当たる場合は、もちろんサンブロックを塗ってもOKだ。その際には有効成分が亜鉛(zinc)か酸化チタン(titanium oxide)のサンブロックを使うようにと、専門家は言っている。他の種類の大半は、肌に吸収され、血中に入って、体内に循環してしまう成分なのだ。「それでは口から飲んでるのと一緒だからね」と、Cannell氏は軽蔑を込めて言う。

太陽の高度が低い冬季は日光浴の時間ももっと長くしなくてはならないし、場合によってはビタミンDサプリを飲まないと追いつかないだろう。因みに専門家が勧める摂取量は現在1日2000~3000 IUである。

日光浴なんて全部やめて年がら年中錠剤飲んでるだけでいいのではないか? ―まさにそうするよう勧める医師もいる。先の2010年の全米科学アカデミーの報告書をまとめた医師たちもそうだ。錠剤ならビタミンDの血中濃度も充分得られて、しかもUVに当たらなくてもいいので皮膚がんリスクも上がらないし、良いことずくめではないか、というのが彼らの考えだ。が、他方それは良くないと考える医師もいる。Cannell氏は語る。「確かにD3サプリ飲めば充分だという人は同僚の中にもいますよ。でも、それは我々がすべて知ってるという前提に立っての話でしょ。私にはとても我々が知ってることがすべてとは思えない。いつでも時間が許す範囲でいいのでやはり自然の太陽の光を浴びる方が絶対好ましいルートだと私は思うね」

ソーラーパワーはみんな賢く使い、狂ったように熱中し過ぎないように気をつけること。真っ黒こげのフライになるまで焼く必要はない。これでどれだけ皮膚がんリスクが増すかはわからないが、仮に増しても日光浴がもたらす恩恵に比べたら納得範囲の代償のように私には思える。太陽光を介してビタミンDを充分確保することにより、米国内だけで年間15万件ものがん死を未然に防げるかもしれないのだ。感染や骨の疾患を減らせる可能性もあるし、しかも...これはもっと科学的裏付けが必要だが...ひょっとしたら自閉症・喘息の発症率もこれで減るかもしれないのだから。無論、天秤のもう片方には、黒色腫が原因で米国内で年間8500人が死亡している現実もある。自転車乗りから飲み屋の喧嘩まで、要するに大事なのはリスクを秤にかけ、どうバランスを図るか、ということであり、何と引換えに何を得るか、その決断は無論ほかでもない、あなただけのものだ。

明日はまた新しい1日。日が昇るにつれ、オレンジ色の光の筋が朝靄を魔法のように照らすだろう。太陽は我々の敵なのか味方なのか? 太陽は我々の命を奪うのか、それとも救うのか?

*本稿はLittle, Brown and Company社の許可を得て転載しました。トップの挿し絵:Orlando Sentinel

110721_heartbeatcover.jpg
Bob Berman氏はアメリカの天文学者兼作家兼科学普及家。米ニューヨーク州コーンウォールのStorm King天文観測所所長、マリーマウント・マンハッタン・カレッジ附属パフォーミングアーツカレッジ天文学非常勤教授。

『The Sun's Heartbeat: And Other Stories from the Life of the Star That Powers Our Planet』はAmazon.comAmazon.co.jpにて好評発売中。

Bob Berman(原文/satomi)