ビル・ゲイツ氏、発展途上国へより良いトイレ導入のため多額の寄付を!

ビル・ゲイツ氏、発展途上国へより良いトイレ導入のため多額の寄付を! 1

ラップトップよりもタブレットPCよりもスマートフォンよりも、まずはトイレです!

世界最大の慈善基金団体であるビル&メリンダ・ゲイツ財団は、発展途上国のトイレ事情を改善するために4150万ドル(約32億円)を準備する予定だそうですよ。トイレ事情が改善されれば、感染病を防ぐ事にも繋がります。現在、提案されているアイディアは、熱・マイクロ波・ソーラーパネルのいずれかをエネルギー供給源として稼働する便器で、バクテリアや寄生虫の繁殖を防ぐしかけになっています。

ガジェットで得た巨万の富で、発展途上国にトイレを。生活のいたるところに彼の姿あり。

[LAT via Village Voice]

Image Credit: Shutterstock

そうこ(Kwame Opam 米版