世界一細い家

世界一細い家 1

これまで見てきた日本海外の家も細かったけど、こりゃまた想像を絶する細さですね!

ポーランドの首都ワルシャワWola地区の2つのビルの谷間に今度建てられる家「Keret House」です。

一番幅が広いところでも、たったの4フィート(1.2m)

一番薄いところだと28.3インチ(71.9cm)しかありません。

でも見た感じ充分家として使えそうだし、キュートですよね。ちっこい宇宙人とか、イスラエルの作家エトガー・ケレット(Etgar Keret)とかが住みそう。

建築デザイン会社「Centrala」の建築家たちの手になる設計。家は3次元の鉄フレームから組み建て、表面をベニヤ板と断熱パネルで覆い、コンクリートキャンバスで仕上げます。

 

110726_closed-house110726_open-house110726-dom-kereta-jakub-szcz-c-sny-widok-od-strony-oelaznej-czerwiec110726-erm-snap2

個人的に気に入ったのはこの宇宙船みたいな階段かな。人が来ると、この階段を地面まで下げて中に誘うんですね。

...ん? さっそく今、隣のビルとの隙間測ろうと思ってません?

[Centrala via Archdaily]

Jesus Diaz(原文/satomi)