震災直後、情報がTwitterによって日本から世界中へ拡散されていく流れを可視化したビデオ(動画)

物凄い勢いです。

東日本大地震の直後、Twitterによって瞬く間に日本から世界中へ情報が拡散されていくのを可視化したビデオがTwitterブログに掲載されていました。地震の直後は合計5回に渡って5千TPS (秒間ツイート) を超えたそうです。

まず最初の動画は、

地震直後、友達や家族の安否を確認するための日本国内から発信されるツイート数が500%にも跳ね上がりました。下記のビデオは、地震前後1時間における日本へ発信された@返信 (赤色)、日本から発信された@返信 (黄色) のボリュームを示したものです。

とのこと。

地震が起きた直後から急激に情報の流れが加速し、情報量も増えたことがよくわかります。世界中から日本へ向けてものすごい量の@が飛んでますね。

次のビデオはリツイートによる情報の拡散を可視化したもの。

地震後の1時間における日本から発信されたツイートに対するリツイートの流れを示したものです。日本から発信された元のツイートを赤色、フォロワーによるリツイートを緑色で示しています。

Twitterって凄いっすね。

東日本大地震における地球規模の情報の流れ[Twitterブログ]

(鉄太郎)