ゴージャス! SONYの新Androidタブレットに触ってみた

2011.07.19 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

110714sonytabbss.jpg


今のガジェットはどれも言うなればソフトを入れる空っぽのスレート。

そんな時代だからソニーは要るんだよなーと、久々に原点を再認識させてくれるタブレットですね。秋ごろ発売となるSony TabletのS1とS2(コードネーム)に触ってみましたよ。

S1は見た感じ、他の10インチ前後のタブレットと一緒です(細かい人のために書くと、1280×768ドットで9.4インチ。ナイスですよ)が、横がくるんと後ろにめくれてるのが違い。背面のシルバーに向かってだんだん薄くなってるんです。


110713sonytabs16.jpg


へ~と思って手に持つと、これがまさに(分厚い)雑誌の表紙を後ろに畳んで手にしてる、あの感触ではないですか! 重心の位置もちゃんと考えて決められています。なるほど確かに。重さはあと200グラムぐらい減らしてほしいけどね。でも他の主だったAndroid 3.0搭載タブレットと違ってS1はポートレートモード(縦に持つ)で使うことを念頭にデザインされてるんですよ。よくやった、ソニー。
 

 
S2は「10インチのタブレをどうポケットに突っ込むの!?」という問題に対するソニーなりの回答です。確かに10インチじゃ突っ込めませんから、これは有難い配慮ですね。

開けると...5.5インチの液晶が2つパッカリ開きます。...ヘンなもの、アホなもので終わってしまう可能性もありますけど、でも分かりませんよ。僕らがこれまでに使った他の2画面のAndroidは、悲しい、悲しい端末でしたけど、S1はハードウェアよりソフトウェアの魔術が要求される製品になるでしょうね。その点、Androidもソニーも大丈夫かな...という気はしますが、杞憂であってほしいですね! 尚、米国では3G回線はAT&Tの独占契約(こちらは杞憂でなく本決まり。悲しい)。

S1とS2、唯一の難点はAndroidのタブレット分野における現状ですね。専用のアプリがもっともっと増えないと! あとはもしかしてお値段...そちらも気になるところですね。


110713sonytabs1110713sonytabs2110713sonytabs3110713sonytabs4110713sonytabs5110713sonytabs6110713sonytabs7110713sonytabs8110713sonytabs9110713sonytabs10110713sonytabs11110713sonytabs12110713sonytabs13110713sonytabs14110713sonytabs15110713sonytabs16110713sonytabs17110713sonytabs18110713sonytabs19


【スペック】
Sony S1、S2
価格: 今後発表予定
スクリーン: 9.4インチ 1280×768、5.5インチ2画面 1024 x 480 LCDタッチスクリーン
プロセッサ: 1 GHz NVIDIA Tegra 2 dual-core SoC
容量:今後発表予定
カメラ:2個。背面カメラ
ワイヤレス: Wi-Fi、WAN(3G/4G)対応、DLNAストリーミング対応


関連:コレを触らずにタブレットは買えない!『Sony Tablet』最新試作機緊急インプレ

Matt Buchanan(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別企画

Makerの力でスナックの粉問題を解決する噂の動画。湖池屋さん…なんでこんなものを?

PR

スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ カリッとサクッとおいしいスコーン♪のテーマソングでおなじみ、湖池屋のスコーンがさらなる魔力...
続きを読む»