YouTubeで歌をカバーするべからず! な日がくるかも!?

YouTubeのリップシンクがマズイ事になっているかも!?

今ご覧になったCathy May15歳のBoom Boom Boomやその他のYouTubeでのリップシンク・ビデオ法に触れる事になるかもしれないんです。もし、米国上院の法案978でリップシンクはNG! が通過してしまったら、インターネットは、かなり面白くなくなっちゃいますよね...。リップシンクからスターが誕生するケースだって少なくないのにぃ。

今のところ、著作権のある歌やテレビ番組をアップロードしたり再生することは不法ですけど、もし議会がルールブックを修正してパフォーマンスもダメ! ってことになったら、YouTubeは違反ビデオを削除しなきゃいけません。かなり地道な削除作業がYouTubeのスタッフを悩ませることになるんでしょうねぇ。 

更に、Webサイト Truth Or Treasonによると、提案された議案では著作権法に触れるパフォーマンスを配信した人達も罰するという項目も入っているそうです。といことは...今回僕が投稿したCathy May15歳のビデオを10人以上の人がこのビデオを観たら、僕は個人的に5年の懲役刑に直面するなんてことも...。ヤバッ。

[TruthOrTreason via Fox]

Kat Hannaford(原文/junjun )