またまたレゴで作っちゃった。今回は、3Dフライス盤。

おぉーー。

これまでもレゴで作られた様々なものを紹介してきました(ラジコン戦車とかとか)が、今回紹介するのは3Dフライス盤です。作ったのは、Arthur Sacekさん!モデルの全貌は掃除機をかけた後に現れるので、ビデオは最後まで見てくださいね。

この機械はモデルを作るのは遅いし、使える材料も限られています。でもそんなことでケチをつけるのは、はばかられます。先端の金属以外は全部レゴでできているんですから。それにこの機械が採用している、材料の外部を削りとってモデルを作るというのはAppleがユニボディの製品を作るときに使っているやり方です。

魔法のブロック、レゴ。レゴを使えばどんなものもできちゃうと言っても過言ではないのかもしれませんね。次にでてくるのはどんなものなんでしょうか?楽しみです。

[Thanks Karl!]

Jesus Diaz(原文/mío)