【5カ条の保存版】節電しながらキンキンに涼しくエアコンで冷やすには?

【5カ条の保存版】節電しながらキンキンに涼しくエアコンで冷やすには? 1

アヂィよ、アヂィよ、助けて~

まさにそんな猛暑の夏になってますけど、とりわけ今年は節電節電が徹底して呼びかけられており、なんだかエアコンをガンガンと効かせるのも気が引けちゃいますよね。とはいえ、やっぱりすっかりと夏バテしてまいっちゃわないためにも、上手に涼を取りながら過ごしていきたいものです。

そこでいろいろとアイディアはあると思うんですけど、米GIZMODO編集チームが総力を上げてまとめてみた、節電しながらもエアコンで可能な限りキンキンに部屋を冷やして快適に過ごすための5カ条からなるティップス集をご紹介いたしましょう。ちょっと日本国内だとどうかなってポイントもあるかもしれませんが、とにかく使えるものは何でも使って今夏を乗り切るためにも、まずはチェキラッチョ!

 

【5カ条の保存版】節電しながらキンキンに涼しくエアコンで冷やすには? 2

1. 低すぎる温度設定は禁物!

日本はクールビズやらスーパークールビズが奨励されているので、さすがに今年はこんな人を見つけるほうが大変かもしれませんけど、まだまだアメリカでは最低設定温度まで下げてはエアコンをフル稼働させちゃえって使っちゃってる人も多いみたいです。暑い、暑い、とにかく暑いんで、もう最も涼しい18度に設定だ...というまさに節電の大敵みたいな使い方のことですね。

ただし、やっぱりこれはたとえ電力に余裕があったとしても絶対にお勧めはできないんだそうです。とりわけ摂氏24~25度くらいの室温設定ラインが、大きく譲ったとしても膨大な電力消費の絶対的な分かれ目となるそうでして、24度以下に設定した途端、そこから電力消費量がビュンと跳ね上がって増えていくとのデータも紹介されていますよ。

それでは、25度から28度まで、一体どこの温度設定で妥協して快適に過ごすのかは悩ましいポイントかもしれませんけど、でもとにかく家の中では薄着にしちゃって、特にだれも他人が見てない時はもう超薄着にしてしまって、可能な限り設定温度を高めにすることほど大きな節電効果はないでしょうかね。外はこんなに暑いんだし、これだけ家の中が涼しかったらマシだよなって、ある程度だけ部屋が冷えたら満足する思考パターンを持つのも大切だと力説されています。確かにそれも一理あることかもしれませんよね...

2. エアコン専用ルームを作ってみよう!

当然ですが、エアコンで冷やさなければならない対象エリアが広ければ広いほど、冷房効果は薄れてしまいますし、同じ温度まで冷やすための消費電力だって大きく変わってくることでしょう。ウチはワンルームだから関係ないよって場合を除いて、複数ある部屋を冷やすのではなく、この部屋をエアコンルームにして冷やしまくるぜって集中的に涼しくできる部屋を設けるように勧められてますよ。

そんなのとっくにやってますよって方も、その部屋の中で冷やす場所をさらに限定できないか検討してみましょう。暑い夏には見たくもないねって存在の分厚い毛布なんかが大活躍しちゃったりしますよ。本当に冷やしたい場所だけを囲うように、境目となるラインの天井から毛布などを吊るして間仕切りを設け、さらにエアコンでクールダウンさせるエリアを狭めちゃうなら、より少ないパワーで早く強力に冷やせますからね。ぜひ試しにやってみましょう~

3. 扇風機との組み合わせは必須!

日本では各地で扇風機の品不足が続いてもいるそうですけど、エアコンと扇風機を比較するならば、扇風機のほうが電力消費量が少なくなりますから、まずはある程度までは扇風機の風で涼を感じることで我慢できないかは一考に値するでしょうかね。

とりわけ米GIZMODO編集チームがお勧めしているのはシーリングファンの活用です。天井で大きくシーリングファンが回っては涼しい風が下りてくるというコンセプトは、なんとなくこれが部屋について回っているだけでもビジュアル的に涼しいように思えてくるのではって大絶賛されていますよ。エアコンとファンを上手に組み合わせて使うことで、かなり涼しさも変わってきますので、自分なりのベストな利用シーンを確立していきたいですね。

あっ、ただし一言だけ注意をお伝えしておきますと、エアコンのスイッチは切ったのにシーリングファンだけはずっと回り続けていたなんてことがよくあるみたいなので、だれも部屋にいない時には扇風機も忘れず電源を切るという習慣を徹底するようにいたしましょう。

【5カ条の保存版】節電しながらキンキンに涼しくエアコンで冷やすには? 3

4. エアコンの掃除は忘れずに!

意外と面倒なので忘れられがちなのは、エアコンの清掃による冷却効果アップでございます。室内ユニットからフィルターを手軽に取り外し可能なモデルがほとんどですので、まずはフィルターの現状をチェックしてみましょう。まめに掃除しているよって方は別にして、きっと久しぶりにフィルターを取り出してみた瞬間、そのあまりにも汚いことにビックリしちゃうこと間違いなしでしょうね! でも、この汚れを取ることで、同じ設定温度と出力のエアコン運転でも、部屋が涼しくなる効率が一目瞭然で変化するのを感じ取れるはずですよ。

フィルターのほこりや汚れを掃除機などで吸い取るだけでも効果ありですが、やはり可能ならば時間を取ってきれいに水洗いしましょう。スポンジで優しく洗い流した後に、しっかりと乾燥させてから再びフィルターを元通り取り付けてくださいね。きっと抜群にエアコンのパワーがアップしたよなって実感できると思いますよ。

さらに徹底して清掃しつつパワーアップを図りたい方には、少し専門的になってはきますけど、室外機のコイル洗浄まで行なってみることをお勧めいたします。室外機のファンブロワーなどに固着したほこりや汚れをしっかりと水で落とすだけでも、これまたエアコンの効きが大きく変わるのが分かるはずですよ。

5. 日陰で覆うようにしよう!

エアコンの室外機を日陰で覆うようにするだけでも、冷却効率が単純に1割アップするのを実感できるというデータまで出ているみたいですね。ほんのちょっとした工夫で室外機の場所が陰になるようにすることで、部屋の涼しさが変わってくるみたいですよ。

さらに当然ながらもっと効果的なのは、外の気温が高く夏の暑さを止めることはできなくても、エアコンを入れる部屋だけは陰になるように努力してみることでしょうか。今夏は日本では緑のカーテン効果が強調されてますけど、たとえエアコンのスイッチを入れることにしたとしても、やはり直射日光を遮る工夫をこらした部屋ほど冷え具合がいいってことですね。

【5カ条の保存版】節電しながらキンキンに涼しくエアコンで冷やすには? 4

いかがでしたか? ギズモードもエコモードだってキャッチフレーズで、米GIZMODO編集チームからも、電力不足を懸念するというよりは、より地球環境に優しくお財布にも優しい節電と節約を進める企画が次々と提案されているみたいですが、わりと常識的なティップスが並びはしましたけど、なかなか役立つエアコンの賢い使い方のアイディア集になっていたと思います。日本のギズ読者の皆さまも、これ以外にもっと簡単にできるいい方法があるよってアイディアがあれば、ぜひぜひコメント欄から書き込んで、ドシドシとシェアしてくださいね!

Brent Rose(米版/湯木進悟)