AndroidはオープンなOSと呼ぶのは間違い? 実は最も自由度の低いオープンソースOSとの厳しい評価が...

AndroidはオープンなOSと呼ぶのは間違い? 実は最も自由度の低いオープンソースOSとの厳しい評価が... 1

アップルのOSよりは自由かもしれませんが...

オープンソースプロジェクトのモバイルOSとの触れ込みで登場後に驚異的なスピードで普及し、すっかり周りでもAndroidユーザーを見かけるのが珍しくはなくなってきた今日この頃ですけど、でもどこまで本当に「オープン」なプロジェクトと呼べるのかは疑問かもしれませんよ。

このほどVisionMobileが発表した、オープンソースを謳うプロジェクトの本当の自由度を比較調査した最新レポートによれば、Linuxカーネル、Symbian OS、Firefox、WebKitなどなど、主だった8つのオープンソースプロジェクトの中で、最も自由度が低かったのはAndroidだったそうです。グーグルがAndroidの開発プロジェクトをタイトにコントロールし、ロードマップさえ公式には発表されないOSといった特徴がマイナスになり、他のプロジェクトに大きく差をつけられてしまって最低評価を受けちゃいましたよ。

一方、最も自由度の高い真のオープンソースプロジェクトとして最高スコアーを獲得したのは、統合開発環境のEclipseだったとされています。ソースコードへのアクセスのしやすさや開発進行状況の透明度、自由に開発者が貢献できるレベルといった評価ポイントで、優れたポイントが得られたみたいですね。まぁ、確かにAndroidは、このところグーグルが厳しくプロジェクトの方向性を管理していってる感じが強いですし、こういう評価になっちゃったのも仕方ないかもしれませんけどね~

VisionMobile via Ars Technica

Casey Chan(米版/湯木進悟)