米国首都ワシントンDCのワシントン大聖堂、地震で大被害に!

米国首都ワシントンDCのワシントン大聖堂、地震で大被害に! 1

地震の怖さといったら...。

米国東海岸を23日(日本時間24日)襲った地震。ヴァージニア州を震源地として、その強さはマグニチュード5.8。何十年も地震を体験してこなかった地域だけに、人々はさぞかし驚いたでしょう。地震の対策がされていない建物も多く、壁にヒビが入った等の被害報告も寄せられています。

被害があった建物の中でも特に、首都ワシントンDCにあるワシントン大聖堂が大きなダメージを受けました。石造りの塔が一部壊れたり、天使の象がとれたりとその被害は大きいです。上から石の固まりが落ちて来たのかと思うとぞっとしますね。

20110825nationalcathedral0120110825nationalcathedral0220110825nationalcathedral0320110825nationalcathedral0420110825nationalcathedral0520110825nationalcathedral0620110825nationalcathedral0720110825nationalcathedral0820110825nationalcathedral0920110825nationalcathedral1020110825nationalcathedral1120110825nationalcathedral1220110825nationalcathedral1320110825nationalcathedral1420110825nationalcathedral1520110825nationalcathedral1620110825nationalcathedral17

大統領の葬儀が行われることもある大きな教会、総裁主教のいる教会としても有名です。ワシントンDCを訪れたことがある人は実際目にしたことがあるかもしれませんが、協会内から見るステンドグラスと外からみる詳細なデザインは本当に素晴らしいです。

現在ワシントン大聖堂は修復のための寄付をつのっています。

[National Cathedral via The Atlantic Wire]

そうこ(Jesus Diaz 米版