自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり)

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 1

輝くお日様の下ならば、飲んでも飲んでもまだ飲める!

自家製ビールやワイン、いつかは作ってみたいオリジナルドリンク。本格的にやるのは大変だから将来の夢にとっておいて、まずは簡単お手軽DIYキットはいかが? ビール・ワイン・日本酒等々、DIYキット7選ご紹介です。

  

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 2
Cooper DIYビールキット

ビールと言えば昔々からある歴史ある飲み物。農業が始まった時からあると言ってもいくらいです。自家製ビールに憧れている人も多いのでは。本格的に始める前にまずは簡単なDIYキットから。Cooperのキットは実に簡単な4ステップ行程! 付属の材料をお水と混ぜる、醸造する、ボトルに詰める、楽しむ! たったそれだけです。

117ドル(約9000円)

[MakeBeer]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 3
Sparkling Sensations シャンパンキット

家のワインがお手軽にスパークリングに早変わり! シャンパンにはなりませんけどね。お手持ちの白ワインをキット付属のボトルにいれて第2発酵させることで、次開けるときには泡が楽しめます。

70ドル(約5300円)

[Sparkling Sensations]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 4
Your Fruit! カントリーワインキット

ぶどう以外でも、自分の好きなフルーツでワインを作ることができます。サングリアとフルーツジュースを足して2で割った感じでしょうか。このキットで大容量5ガロン(約18リットル)も作ることができます。

120ドル(約9300円)

[E.C.Kraus]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 5
Archer's Orchard ハードサイダーキット

ハードサイダーはリンゴのアルコール。アルコール分はちょっと控えめ、その分糖度がアップして甘さたっぷり。

55ドル(約4200円)

[MrMeer]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 6
Artful ワインメーカー

自分でぶどうを潰す必要はありません。ぶどうジュースに、スタビライザー、クラリフィエ、全部キットにはいってます。28日待てばおいしいワインが飲めますよ。

150ドル(約1万1500円)

[MrMeer]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 7
Home Brew Sake 日本酒キット

必要なもの全部はいっており、2.5ガロン(約9.5リットル)の日本酒ができます。炊飯器が家にあるというのがこのキットを使用する条件。

40ドル(約3000円)

[Home Brew Sake]

自家製アルコールを作ろう! DIYキット7選 (追記あり) 8
Woodinville Age Your Own ウィスキーキット

米国では自家製蒸留は禁止されていますが、熟成させるのなら問題ないです。このキットには750ミリリットルの110度White Dogウィスキーと2リットル容量の樽がついてきます。ウィスキーをこの樽にいれて3-6ヶ月熟成させればできあがり!

150ドル(約1万1500円)

[Woodinville Whiskey Co.]

お手軽でも、自家製です。自家製だとさらに味わい深く楽しめそうですね!

そうこ(Andrew Tarantola 米版

※読者様からの指摘通り、酒類を製造する場合は税務署長の免許が必要となります。

製造免許を取得せずに製造した場合、酒税法違反になりますのでご注意下さい。

参考:http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/qa/06/34.htm