なぜアメリカはトロン・ガイをそこまで嫌うの?(動画)

トロンのコスプレで一躍有名になったトロン・ガイが、先月、TVのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出て、ボッコボコにこき下ろされました!

ご覧のように、会場からブーイングが上がるの抑えて審査員が「彼にもチャンスくれてやろうよ...さ、もう一度頭からお願いします」と何度も何度も同じ自己紹介をトロン・ガイ(本名:Jay Maynardさん、50歳)に喋らせ、そのたびにバッテン、ブー。嫌な感じ全開です。

まったく、このトロン・ガイが一体なにをしたんでしょ? ネットにはメールもポルノもあればトロン・ガイもいるんです。変な人かもしれないけど、彼みたいな人ほかにいないし、いやはや...こういう人がいるからアメリカは面白いんじゃなかったのかな? こうやって「アメリカズ・ゴット・タレント」からブーイングの嵐で追い出されるとこ見ると...そうでもなくなっちゃったんでしょうかねぇ...。

まあ、トロン・ガイもステージにただ突っ立ってトロン・ガイ人生を語るんじゃなく、もっと他にやりようがあった(ライトサイクル投げるとか、アルパチーノの真似するとか、トロンの音立てて走り回るとか)とは思うので、少々がっかりする気持ちは分かりますよ。Team iLuminateのトロン(下)みたいに踊れたら、こういう展開にはならなかったでしょう。

 

 

でもだからって審査員・観客で寄ってたかって嫌悪をぶつけなくてもいいのにね。そもそも「アメリカズ・ゴット・タレント」に出てくる人なんて大体はひと昔前のブレイクダンサーかマライア・キャリーの真似っこか、そのふたつのハイブリッドじゃないですか。だいたい司会のニック・キャノンだってマライア・キャリーとちょこっと前に結婚した男ってぐらいしか記憶にないですよ...あと確か映画「Drumline」にも出てたんだっけ。

そりゃタレント(才能)はないかもしれないけど、このトロン・ガイみたいにスペシャルな人、そうそういませんて。こんな体の線クッキリの自前のコスプレで全国視聴者のみなさんの前に出るにはそれなりの度胸も必要だったはずです。これが本当にイカれた人? ただトロンが好きで、それが嵩じてしまってるだけじゃないですかね。「アメリカズ・ゴット・タレント」で優勝するのが誰か知らないけど、こういうトロン・ガイこそ国宝なんだという気持ちは忘れないでおきたいです。

SAM BIDDLE(原文/satomi)