なんで飲食店のサイトは未だにフルフラッシュで重たいサイトばかりなの? 

なんで飲食店のサイトは未だにフルフラッシュで重たいサイトばかりなの?  1

何故に飲食店のサイトは大概ヒドイんでしょう? 

サイトを開くと、重たーいフラッシュサイトで、なかなか必要な情報にたどり着けない(iPhoneで見ることすらできない)のが多くありません? 

というのは日本でもよくあることですが、アメリカでも同様のようです。

でもなんで? 

恐らくそれは、デザイナーが儲かるから、なんじゃないでしょうか。

もちろん、そうでないちゃんとした飲食店のサイトも多くありますが、延々続くスライドショーに音楽、一生読まれることの無さそうなシェフのバイオグラフィ、こういった不要なコンテンツ制作費用は、店の「情熱」を伝えるために作るとかなんとかいって、全てデザイナーの懐の中に。でも読み手側にとってはそんな「情熱」なんてどうでも良いですよね。

欲しい情報は、どこに店があるのか、どんな食事があるのか、どんなサービスが受けられるのか...、そういった情報です。

デザイナーはその事を知りつつ、飲食店から制作費をもらってるに違いない...、とアメリカからもぼやきが聞こえます。

まあ、全ての飲食店のサイトがそうではありませんが、確かに未だにフルフラッシュのサイトは飲食店のサイトが多いような気がします。

出先でiPhoneから店の情報を見たくてサイトを開くとフラッシュで見れない...てなことは良くありますよね。

せめて電話番号と住所、営業時間くらいはテキストで見れるようにして置いて欲しいのですが。

[Slate]

Image Credit: CREATISTA/Shutterstock

mayumine(米版