ソーシャルメディア時代のデモ抗議 政府介入と民衆の権利のラインとは?

ソーシャルメディア時代のデモ抗議 政府介入と民衆の権利のラインとは? 1

その時代にはその時代の抗議の手段がある。

プロテストやデモ、いつの時代にも民衆が行って来た抗議。しかしそこで使われる道具や連絡の取り方は時代と共に変化していきます。反乱やテロとよばれるものも同様に変化して行きます。市民権と政府、一体どういう時にどのような行動がお互い許されるのでしょうか。

エジプトでは独裁政権転覆を図る大規模デモの中、政府が全国8000万人のインターネットを遮断するという措置をとりました。エジプトの活動家のワエル・ゴニム氏はCNNのインタビューで「政府を解放させるには、民衆にインターネットを与えればいい。」と発言しています。エジプトのインターネット遮断を受けて、インターネットとは現在における人権の1つなのではないか?というディスカッションも起きています。インターネットは民衆にとってそれほど大きな道具であり、政府にとっては大きな脅威になっていると言っても過言ではありません。ネットにあるコンテンツそのものもですが、どこからでもアクセスを可能にしているその回線が何よりも脅威なのです。

今月11日、サンフランシスコで鉄道会社BART(San Francisco Bay Area Rapid Transit District)が複数の駅で携帯電話のサービスを一時的に遮断しました。遮断の理由は抗議デモ活動の恐れ。BARTのサービス妨害をしようという抗議デモが計画されており、抗議側は複数名で駅構内の警察の様子等を携帯で連絡し合う計画だという情報をBART側が得て、それを阻止するためにとられた措置が携帯サービス一時遮断だったというわけです。BART構内の4ヶ所のエリアが11日の午後4時から7時まで使用不可となりました。

イギリスではDavid Cameron首相が街の暴動を止めるために、暴徒達のソーシャルメディアやモバイル端末の使用をなんとかできないかと頭を悩ませています。Cameron首相曰く「ソーシャルメディアが暴力のために使用されているのならばそれを止めなければいけない。情報局ではこういった状況(暴力のある危険な状態)の中で、一部のウェブサービスによるコミュニケーションを遮断するという選択が果たして正しいかどうかを検討中である。同時に、警察にもこういった状況で行使できる新たな力はないのかとお願いしている状況である。」

政府にインターネットや電話回線、ウェブサービスをダウンさせる権限が果たしてあるのでしょうか? 政府のコミュニケーションへの介入はどこまでは許されるのでしょうか? ここでキーとなるのは「危険な状態」や「暴力の確認」や「非常事態」の定義になるのでしょうが、実に定義が曖昧になりそうな言い方です。政府が非常事態だと判断した場合、政府は人々のコミュニケーションの手段へと介入してくるのでしょう。一方、民主はプライバシーと言論の自由を叫びます、政府が民衆の権利に介入しすぎであると叫びます。ソーシャルサービス、例えばTwitterは個人のアカウントを勝手にブロックしたり、個人情報を開示したりしません。携帯会社もそれは同じ事です。ただし、特別な場合を除いては、ということになります。例えば、今回のサンフランシスコの場合であれば、現に携帯会社がBARTに協力して一時遮断という措置がとわれたわけですし。

自由な発言が許されるから発言の手段や場所が多岐に渡る現代だから、政府介入のボーダーラインがとても難しくなっています。暴動を企てる人間がいる、その暴動は多くの民衆を傷つける危険性がある、ではそれを企てる人間の手からそのコミュニケーションの手段を奪ってしまわなくてはいけない。が、そのコミュニケーションの手段があまりに巨大である。なんとも難しい葛藤です。実に難しい問題であり、追いかけっこのような議論になりそうです。

が、この難しい問題に即座に「NO」を叩き付けたグループがいます。ハッキング集団アノニマス(Anonymous)今年に入って一挙に世界に名を知らしめたハッキング集団です。「言論の自由を奪うのは許せない。検問するのは許せない。」とし、BARTに対してハッキング予告。そして予告内容通り、14日にはBARTのサイトをハッキング、内容を改変してサイトを乗っ取りました。サイト乗っ取り時間はBARTが携帯サービスを遮断した3時間の2倍の6時間。また15日にはオフラインでのデモ抗議、赤い服をきてカメラを持ってCivic Center駅でデモを起こそうと呼びかけました。

政府と民衆のデモ抗議のライン、そのラインに対して起きる新たなデモ。コミュニケーションという人権に大きく関わる部分故に簡単な問題ではありません。あなたは、政府の介入は必要だと感じますか? デモ抗議でのハッキング行為を手段の1つとして許す事ができますか?

[ATD, EFF]

Image: San Francisco Chronicle

そうこ(Jack Loftus 米版