『コブラ』資金繰りに難航しつつもハリウッド映画化に向けて進行中

『コブラ』資金繰りに難航しつつもハリウッド映画化に向けて進行中 1
寺沢武一の『コブラ』が、資金繰りに難航しつつもハリウッド映画化に向けて着々と進行中だそうです。

現在の予定だと、製作開始が2013年以降。テストイメージは既に5月に発売された米映画産業情報誌「Variety」の表紙になっています。

監督はホラー系の作品で有名なアレクサンドル・アジャ。彼によると、コブラはヨーロッパでも大人気で、自分も小さい頃、フランスで夢中でアニメを見ていたそうです。

映画は3Dで撮ることを想定しているとのこと。

もし本当に実現されたら超嬉しいような怖いような。実はたぶん、コブラ全巻持ってるほど好きなんですよね。何故「たぶん」なのかというと、コブラ自体が何度も終了(休止?)しては、新しい短めのエピソードだけ期間限定で連載、ということを繰り返しているから。本当に全部読んでいるかどうか確信が持てないのですが、もし読み飛ばしているエピソードがあったら、逆に「ラッキー!」と叫んですぐ買いに走ると思います。

映画も楽しみです。テストイメージは超格好いいじゃないですか!

「コブラ」ハリウッドで3D化!? 熱狂的なファンと自認するホラー映画の鬼才が映画化熱望[ハリウッドチャンネル]

「ピラニア 3D」A・アジャ監督に「ペット・セメタリー」リメイク化の話が浮上中![ハリウッドチャンネル]

寺沢武一先生からのメッセージ[buichi.com]

テストイメージ:(C)BUICHI TERASAWA / A-GIRL RIGHTS

(いちる)