携帯電話はがんの原因にならない...方に、新たな一票!

携帯電話はがんの原因にならない...方に、新たな一票! 1

携帯電話はがんの発生リスクを高める! いや、大丈夫だ! という終わりのない議論に関連して、新しい研究結果が発表されました。今回わかったのは、少なくとも幼児やティーンエイジャーにおける脳腫瘍は、携帯電話の影響ではないということです。

これは、スイス熱帯公衆衛星研究所のマーティン・ルースリ氏らが、ノルウェイ・デンマーク・スウェーデン・スイスの7歳から19歳までの子供1000人に対して行った調査に基づく結果です。調査対象となった子供のうち、痛ましいことですが352人は脳腫瘍を発生してています。その子供たちと同じデモグラフィックスの健康な子供たち646人が比較されました。

研究チームによる分析の結果、携帯電話利用と脳腫瘍には何も関係が見つかりませんでした。また、脳だけでなく頭部全体の腫瘍の増加に関しても携帯電話との関係は発見されませんでした。

ただし研究チームでは、この結果は子供たちが携帯電話で通話よりメールやテキストメッセージの方を多用している傾向に影響されている可能性があるとしています。それでも、今回の研究結果によって携帯電話のリスクが「ない」の方に一票入れられて、多少は安心して携帯電話を使えそうです。

[WSJ]

Kelly Hodgkins(原文/miho)