何だかわかります? ヒントは、ピッピッピッピ~ンの1秒前

何だかわかります? ヒントは、ピッピッピッピ~ンの1秒前 1

映画のワンシーンのように美しい写真ですよね?

こちら、アイスランドのストロックル間欠泉(Strokkur)をTatyana Kildishevaさんが撮影したもの。ストロックル間欠泉は数分おきに温泉を吹きあげるんですけど、この写真は水の中のガスが膨張して、ボコボコボコっと今にも温泉が吹きあがろうとする直前の状態を写したもの。すごいシャッターチャンス~! と関心してしまいますが、Tatyanaさん曰く、簡単に撮影出来ちゃうっていうんです。

このショットを撮るためのプロセスは非常に簡単でした。ただ、座って待つ。そして、瞬間を逃さないようにシャッターを早く押せるようにするだけ。三脚とかリモコンは使ってませんよ。

とのこと。シンプルと言えばシンプルだけど...。タイミングが全てだから、自分はナカナカ成功する自信がありません...けど、あなたは?

ちなみにTatyanaさんが使用したのはオリンパス E-510で、ISO200で撮影したそうです。撮影場所は、Reykjavikの東にあるHvítá川の横にある地熱地帯で、4分~8分毎に65フィート(約20メートル)から131フィート(約40メートル)の水柱が吹きあがるとのこと。

ストロックル間欠泉は、1896年ごろに一度、地震の影響で噴出しなくなってしまってたのですが、1963年にアイスランド人が水路をキレイにして、再びこの豪快な温泉柱が吹きあがるようになったそうです。

アイスランドに行った時には、吹きあがる瞬間の写真を撮ってみては? 手が震えそーぅ。

-Jesus Diaz(原文/junjun )